千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

八千代市勝田台にて構造クラックの補修と外壁塗装工事で雨漏り被害を改善


八千代市勝田台にお住まいのK様より、「雨漏りを起こしている為一度見てほしい」とご相談をいただきました。陸屋根のモルタル外壁住宅ですが、庇部分には大きな構造クラックが見られました。また外壁との取り合いにはモルタルの剥がれも見られ、補修の緊急性を感じました。そこで今回はクラック補修、雨漏りを起こしている可能性もあるサッシ周りのシーリング補修、最後に外壁塗装工事を行い雨漏り被害の改善工事を行いました。

ビフォーアフター

before
雨漏り点検
arow
arow
after
クラック補修,外壁塗装工事

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 

雨漏り点検

雨漏り点検
軒天の雨染み

今回調査にお伺いしたのは八千代市勝田台にあります陸屋根と呼ばれる屋根形状の2階建て住宅です。雨漏りの原因特定と補修をご希望されていらっしゃいましたので、早速状態確認を行いました。まず雨水が直接当たらない軒天部分には薄い雨染みのようなものとカビ等による黒ずみが確認できました。軒天は外壁に当たった風が舞い上がる関係上、埃や土埃が付着しやすいのですが、雨染みが見られる場合は上部で雨漏りを起こしている可能性も充分あります。

外壁のクラック
モルタルの剥がれ

外壁のコーナー部分ですが、こちらも雨水が直接当たらない為劣化しにくい場所にも関わらずモルタルの剥離が見られました。経年劣化とも考えられますが雨水が内部を廻っている場合、モルタルの密着性が弱まったりモルタルの下地となるラス網が腐食したりすることで、モルタルが剥がれてしまうことがあります。モルタルの剥落は落下も危険ですが、構造部分が露出してしまうことでお住まいの耐久性を低下させる原因にもなりますので早急な補修が求められます。

構造クラック
サッシ周りのシーリング劣化

庇部分には大きなクラックが横一線に見られました。このように一見で判断できるほどのクラック(ひび割れ)は構造クラックと呼ばれ、雨水が入ってしまう危険性が高まります。庇は雨水の吹き込みも防ぐ場所ですので、雨漏りの原因にもなりえます。

またサッシ周りのシーリングと呼ばれる防水材にも劣化が見られ、外壁との間に隙間が出来てしまっていました。シーリング材はサイディング外壁にあるものだと思われがちですが、サッシ周りの隙間は必ずシーリング材で塞がれています。その為外壁材に関係なく、定期的なシーリング補修が必要となります。シーリング材は外壁材よりも耐用年数が短い為、外壁塗装のタイミングもしくはそれよりも早めにシーリング補修を行っていくようにしましょう。

今回はまず雨漏りの原因だと考えられる構造クラックの補修、雨漏りを起こしかねないサッシ周りのシーリング補修、そして部分的な外壁塗装工事をご提案させていただきます。もちろん1箇所に劣化が見られる場合はお住まい全体にも見られるので補修が必要ですが、費用を抑えたい場合は最低限早急な補修が必要な場所を中心に補修していきましょう。

クラック補修・外壁塗装工事

シーリング補修
モルタル補修

まずは構造クラックの補修です。クラックは幅が大きい程深くひびが拡大している可能性が高い為、VカットやUカットで奥まで補修材が充填できるようヒビを削る必要があります。今回はクラックが非常に大きかったので削りはせずシーリング材を充填しコテで打設しました。表面の硬化が確認出来てからモルタルでヘアクラックも含め表面の補修を行いました。分厚く塗ると当然クラックは隠れるのですが凹凸が美観を損ねたり、密着性が悪く剥がれを起こす可能性も高くなってしまいます。その為、表層に薄く塗るような形で仕上げ直していきます。

サッシ周りシーリング打増
シーリング打設

サッシ周りのシーリング材は既存シーリング材の上に打設を行う増し打ち補修を行いました。サッシ周りは非常にデリケートで、打替えを行う際にわずかな隙間が残る可能性がある、サッシを傷つけてしまうといった問題が挙げられます。著しい劣化が見られない限りは増し打ち補修で表面保護を行います。ちなみにサイディング外壁の目地は既存シーリングの劣化が新規シーリングの耐用年数を低下させてしまう原因にもなる為、打替え補修をご提案しております。

下塗り
中塗り、上塗り

下地補修後は塗装で綺麗に塗り直し補修材の表面保護も行います。モルタル外壁は今後もクラックが発生する恐れもありますので、下塗りに細かなヒビを埋め平滑に仕上げるフィラーを使用し、既存外壁と近い色で仕上げ塗装を行います。未塗装の場所は汚れも色褪せも起こしている為全く同じ色には仕上がりませんので、あらかじめご了承の程お願い致します。

工事を終えて

クラック補修、外壁塗装工事完了

構造部分の劣化まで引き起こしかねない構造クラックを補修することで、雨漏り改善・お住まいの耐久性を維持することが出来ました。目につきやすい庇と2階外壁も塗り替えることで美観性も向上します。モルタル外壁はどのような条件下でもクラックが発生しやすい為、多少の劣化でもお住まいに影響を与えることはありません。しかし構造クラックに拡大した場合は別の問題まで引き起こしてしまいますので、早急な補修を検討しましょう。

雨漏りやモルタル外壁の補修でお悩みの方はお気軽に街の外壁塗装やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っておりますのでご安心ください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に