千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ

千葉市緑区で経年劣化した防水層を撤去、ウレタン塗膜防水工事の再施工で雨漏りを防止


千葉市緑区でベランダ防水工事です。防水層の剥がれと細かなひび割れがある事で、今にも雨漏りを起こしてしまいそうな状態とのことでした。早速点検を行い、塗膜保護で雨漏り防止をご提案させて頂きました。

 

ビフォーアフター

before
ウレタン防水補修依頼
arow
arow
after
ウレタン塗膜防水工事完了

工事基本情報

施工内容
防水工事 

点検の様子

排水ドレン近くに塗膜の膨れ
サッシ下の塗膜のひび割れ

まずは防水面の確認です。剥がれてからしばらく経過しているのか、剥がれた部分に土が溜まり雑草が繁殖してしまっていました。排水の手前でしわや破れが起きている為、雨水が排水に到達できない状態になっています。

ベランダやバルコニーは防水層によって雨漏りを防いでいます。ウレタン塗膜やFRP防水の場合、表面のトップコートが剥がれたぐらいでは雨漏りも起きませんが、防水層に亀裂や破れを起こすとたちまち雨水が浸入してしまいます。恐らく室内で雨漏りが確認できていなくとも、どこかしらに雨水の出口があると考えられます。劣化を確認したのは傾斜の下方になる外壁側ですが、建物側の防水面には立ち上がりと平場の継目にひび割れが起きていました。建物側には雨水が溜まらない為劣化しにくいのですが、太陽光や雨水によって必ず経年劣化を起こしてしまいます。

内壁の立ち上がり
防水塗膜の膨れ

外側の床面には雨水の流れに合わせて汚れが溜まり、また太陽光が当たりにくい面のため苔や藻が付着してしまっていました。苔や藻は見栄えを悪くさせるだけでなく、吸水し付着面を劣化させてしまいます。内壁が劣化する原因でもある為、定期的な清掃は必要です。

防水工事の補修には例えばアスファルト防水・シート防水・FRP防水、ウレタン塗膜防水など防水層の種類、既存防水層に新たな防水面を密着させ補修する密着工法、既存防水面との間に空気層を設け塗膜の膨れを防ぐ通気緩衝工法(絶縁工法)の施工方法等がいくつも選択肢があります。一般的なお住まいのベランダ等は狭い為、ウレタン塗膜防水やFRP防水が最適ですが、施工方法に関しては築年数・雨漏りの有無・防水面の劣化等さまざまな状況を判断して決めていきます。

今回は既存防水層が膨れ、新たな防水層で平坦に仕上げ直すことは出来ません。防水層を一度撤去し一から再施工していきたいと思います。

ウレタン塗膜防水工事

清掃とケレン処理
プライマー塗布

まずは既存の防水層を剥がし雑草やゴミを取り除きます。この状態にウレタン塗料を塗っても剥がれを起こしてしまいますので、密着性を高める為の下塗りプライマーをまんべんなく塗っていきます。

エアコンの室外機は施工の邪魔にならないように、架台にのせ移動しています。施工範囲が狭く移動が出来ない場合は、取り外し室内等への保管をお願いすることもございますので、あらかじめご了承ください。

下地を確認すると、至る所にひび割れが発生していました。モルタルやコンクリートの下地は、建物の動きに追従することでひび割れを起こすと言われています。V字型にヒビが入り、その太さに合わせてヒビの深さまで割れている可能性があります。目に見えるクラックがある場合は、防水工事前で二コーキング補修でヒビを埋めていきます。補修した部分が出っ張り排水を滞らせないように、ひび割れの奥まで充填、ヘラで必要量以上はしっかり取り除きます。

防水工事を行ってしまうと見えなくなってしまう作業ですが、ひび割れの抑止・防水層の寿命を左右する非常に大切な作業です。

ウレタン塗膜防水塗布
室外機の移動

下地を綺麗に整えてから、ウレタン防水塗料を均一に塗っていきます。所定の塗膜厚みに仕上がるまで何度か塗り重ねて、雨水が浸入しない防水層を形成していきます。防水塗膜は紫外線で劣化してしまうため、表面をトップコートで保護していきます。トップコートに防水性能はありませんのでひび割れを起こしても雨漏りは起きません。しかし防水塗膜の劣化につながってしまいますので、5年程度での塗り替えを検討していきましょう。

ベランダ防水を行ったことで雨漏りの心配もなくなり、見栄えも大変綺麗に仕上がりました。住宅に採用されるウレタン防水もFRP防水も13~15年程度の耐久性はありますが、防水層が傷んでしまう事で室内へ被害も及んでしまいますので、屋根外壁塗装メンテナンスと同時に補修をしていきましょう。

ベランダやバルコニーの防水工事をご希望の方、雨漏りにお悩みの方、施工や材料に関するご質問がある方はお気軽に街の外壁塗装やさん千葉中央店へご相談ください。まずは無料点検でお住まいの様子を確認し、最適なメンテナンスをご提案させて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区千種町のシート防水点検を例に雨漏りの原因とメンテナンス方法をご紹介

寒冷前線の影響から本日関東地方には大雨警報が発表されています。このような日に多いのが雨漏りに関するご相談です。そこで今回は千葉市花見川区千種町の防水点検を例に雨漏りを起こしかねない状態、雨漏りを起こさないようなメンテナンス方法をご紹介したい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区作新台の築30年経過したお住まいにて外壁塗装を行う際のチェックポイントをご紹介

千葉市花見川区作新台にて外壁塗装前点検を承りました。築30年を経過し屋根からの雨漏りも発生しているという事で、屋根リフォームに合わせて外壁塗装もご検討されているようです。住宅は定期的なメンテナンスを心がけていても、どうしても少しずつダメージ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事で改善、笠木シーリング補修も実施

本日は前回ブログでご紹介した千葉市中央区中央にあるビルの雨漏り補修の様子をご紹介したいと思います。ビルやマンション等に多く採用されるフラットな陸屋根(ろくやね・りくやね)は屋上庭園や洗濯物干しスペースとしても利用できる反面、傾斜がほとんどな… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に