千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 八千代市萱田町にて物置の塗装を含めた改修工事の無料点検・お見...

八千代市萱田町にて物置の塗装を含めた改修工事の無料点検・お見積りを実施


平成から令和に切り替わり史上最長のGWも終わりを迎えました。5月というと過ごしやすい気温になりガーデニングや掃除もはかどりますよね。それと同時に多くなるのが塗装工事のご依頼です。天候も穏やかで気温が高いと塗料の乾燥も早く工期に大きなずれが生じないため、塗装に最適な時期でもあります。塗装メンテナンスをご検討されている方はお早めに無料点検をご利用ください。今回は八千代市萱田町にある物置の塗装を含めた改修工事見積りの様子をご紹介したいと思います。

八千代市萱田町の物置改修見積もり調査

物置の改修点検

物置や倉庫に使用されることの多いのがトタンと呼ばれることの多い波状の外壁です。フラットな鋼板は簡単に凹んだり曲がりが発生しやすいため、あえて凹凸をつけることにより強度を高めているのです。トタンは亜鉛メッキ鋼板として以前多く使用されていた建材ですが、一度錆が発生してしまうと劣化が早く穴あきを起こす可能性があるため現在新規で使用されることは少ないです。その代わりとして錆びにくく高耐久なガルバリウム鋼板が普及しており、一度メンテナンスを行えば長期間にわたって修理を行う必要がなくなります。

錆の進行は雨漏りの原因になります

金属波板の錆
捲れ

現状波板屋根からは雨水が入り込んでいる形跡があるため、葺き替え工事をご検討されていらっしゃいます。波板はコストパフォーマンスに優れていますが強風で煽られやすく、重なり部分に隙間ができる可能性が高くなります。何度か張替を行っているようで色の差異が見られますが、葺き替えを行うのであれば錆が接触しないように全体リフォームを行いましょう。錆は別の素材にどんどん移ってしまい劣化を拡大させますので、新規建材と劣化した建材の接触はタブーです。

庇の下地露出
外壁波板の経年劣化

庇も下地の木材が露出しており塗装で現状維持が難しいため、カバーや葺き替え工事を行う必要があります。では外壁の波板はどうでしょうか?

屋根よりも錆の発生が少なく変形等も見られませんので塗装も出来なくはありませんが、錆があることで塗膜の密着性が悪くなり剥がれを起こす恐れがあります。通常塗り替えの際には錆止め塗料で錆びの発生・拡大を防ぐのですが、それは新たに発生する錆に対しての効果であり、すでにある錆に対しての効果ではありません。そのため既存錆は可能な限り取り除かなければなりませんが、その下地処理でかえって波板に穴あきを起こしてしまう可能性もあるため、メンテナンス方法は慎重に検討しなければなりません。

鉄部の下地調整手順

錆びの下地処理
錆除去と目粗し

下地調整の方法としてまずは剥がれかけている塗膜や発生したを皮スキ等で削り落としていきます。これは表面の凸部を処理する作業ですが、錆が進行していると隠れている下地に穴が開いている可能性も十分考えられます。続いてマジックロン等の研磨剤で全体を削っていきます。目粗しと呼ばれる作業ですが、表面にあえて傷をつけることで塗料と密着する面積を増やし塗料の密着力を高めます。これは鉄部の他にも木部の塗膜剥がしにも行われる作業ですが、鋼板自体の表面を削り薄くしてしまうことがあるため、劣化している鋼板には注意が必要です。

今回調査を行った結果、今後のメンテナンスの簡易性も考え波板の張替をご提案させていただきました。経年劣化に塗装でも対処できるかもしれないという状態は、最もメンテナンス方法を考えなければいけないタイミングです。街の外壁塗装やさんでは塗膜の経年劣化だけでなく建材の状態も詳しく調べ、今後を考えた補修方法をご提案させていただきますのでよろしくお願いいたします。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に