千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 8年前に塗装メンテナンスを行った習志野市香澄のお住まいにて2...

8年前に塗装メンテナンスを行った習志野市香澄のお住まいにて2回目の屋根外壁塗装前点検を実施


習志野市香澄にお住まいのY様より「8年ほど前に屋根塗装を行ったが、現在剥がれが見られるので塗り替えを検討している」とご相談をいただきました。現在主流となっているシリコン系塗料は10~12年程度での塗り替えを推奨されていますが、恐らくY様が塗装工事を行った頃はまだウレタン塗料が主流だったのではないかと考えられます。そのため塗膜が経年劣化し塗り替えをしなければならないのはちょうど8年程度だと思いますので塗り替えには最適な時期でしょう。この時期に外壁も塗装したかと思いますので、劣化を確認した上でメンテナンス方法をご提案したいと思います。

8年前に塗装を実施したお住まいで2回目の塗装前点検

習志野市香澄の外壁塗装前点検
8年前に塗装工事実施

使用されている外壁材は多くのお住まいに採用されている窯業系サイディングです。主原料は吸水により傷んでしまうセメントのため、定期的な塗膜保護が必要になります。新築時は恐らく安価なアクリル塗料が使用されているため、5~10年程度での塗り替えが必要です。その後はというと、塗り替えに使用した塗料の耐用年数に合わせて時期が変わっていきます。例えばシリコン系塗料であれば12年前後、フッ素系塗料であれば15年前後になるでしょう。ただし劣化スピードはお住まいによって異なりますので、汚れの付着具合や塗膜の剥がれをチェックし塗り替え時期を検討していきましょう。

雨戸の錆
スレート屋根材点検

劣化しにくい鉄部雨戸には塗膜の剥がれのようにも見えますし塩が付着したようにも見える白い斑点がありました。沿岸地域は塩害が見られますのでいかに耐久性の高いガルバリウム鋼板等を使用していても腐食には十分に注意しなければなりません。特に塗膜が劣化した部分は急速に錆が発生・進行してしまいますので十分な下地処理を行ったうえで塗装する必要があります。

続いては塗膜の剥がれが気になるというスレート屋根材ですが、色あせやムラは見られるものの塗膜の経年劣化が原因での著しい破損は見当たりませんでした。今回も旧塗膜をしっかり剥がした上で塗装を行えば大きな問題はないでしょう。

天窓の経年劣化も要注意

天窓点検

屋根に天窓(トップライト)を設置されているお住まいは多いかと思いますが、天窓にもメンテナンスは必要です。特に枠周りのシーリング材が劣化することで雨漏りが発生してしまったというお住まいは多く見かけますので、およそ10年ごとの点検と20年での交換を検討しましょう。天窓の交換・補修を行う際には必ずスレート屋根材も剥がす必要がありますので、塗装前に補修しておきたいところです。

足場仮設のタイミングで補修をまとめましょう

シーリング材の経年劣化
落ち葉除けネット交換のご提案

屋根の棟やケラバに取り付けられている「役物」と呼ばれる板金にも注意が必要です。セメント系のスレート屋根材よりも耐久性には優れていますが、隙間があると雨水が入り込み防水紙を傷めてしまう原因にもなります。通常はシーリング材で隙間がふさがれていますが寿命は短いですので、塗り替えのタイミングに合わせ補修を行いましょう。

最後に雨樋に取り付けられているネットを見てみましょう。恐らく雨樋の詰まり対策だと思いますが雨樋の外側からも見えてしまいますし、高い効果が期待できないようです。そこで今回メンテナンスに合わせて雨樋の落ち葉除けネットの交換をご提案いたしました。雨樋にピッタリはまる筒状のネットですので外側からも見えにくくしっかり落ち葉をキャッチすることが出来ます。

塗装工事では必ず足場仮設が必要になりますので、この機会に雨樋や軒天等、足場が必要なメンテナンスを行い補修回数を減らしていきましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に