千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 八千代市八千代台南の外壁塗装工事を例に高耐久シーリング材「オ...

八千代市八千代台南の外壁塗装工事を例に高耐久シーリング材「オートンイクシード」をご紹介


先週からご紹介している八千代市八千代台南で外壁塗装工事を行ったお住まいです。UVプロテクトクリヤーでサイディング表面の塗膜保護は行いましたが、ボードを張り合わせているサイディングは、「目地」と呼ばれる隙間の補修工事も必要になります。これはサイディングに限ったことではなく、ALCやタイルといった高耐久素材にも必要不可欠なメンテナンス項目です。どの程度の劣化であれば補修が必要なのか、補修しなかった場合のリスクもあわせてご紹介したいと思います。

目地シーリング材の役割と補修方法

目地シーリング材の劣化
シーリング材撤去

点検時の目地は青いテープのようなものが見られました。ボンドブレーカーと呼ばれますがシーリング材の内部に貼られていて、シーリング材が奥と両横の3面に接着しないようにしています。しっかり接着されていると安心かと思いきや、3面からの負荷がかかることになるためシーリング材が劣化しやすくなってしまいます。そのためシーリング材は真横の2面のみに接着していて雨水の浸入を防いでいるのです。

シーリング材は隙間を埋めるために打設されていますが太陽光や雨水にさらされ続けることで徐々に硬化し、肉痩せや亀裂が起こるようになります。すると埋めていたはずの隙間はボンドブレーカーが露出し雨水が浸入しやすい状態になってしまいます。雨水が入り込めばサイディングだけでなく内部にある透湿防水シートや構造木材まで傷めつけてしまい、サイディングの張替が必要になってしまいます。このように補修箇所が増えてしまわないように外壁塗装と目地シーリング補修は同時に行っていくべきです。以前は耐久性の低いシーリング材がほとんどでしたが、現在は15年超の耐用年数を持つシーリング材もございますので、メンテナンス時期はシーリング材の耐久性にあわせて決めましょう。

高耐久・高耐候・高弾力のオートンイクシード

オートンイクシード
シーリング材打設

既存のシーリングはすでに硬くなり今後剥がれることも想定されますので、補修の際に撤去します。その後プライマーを塗り密着性を高め、シーリング材を打設し直していきます。今回使用したのはオート化学工業の【オートンイクシード】です。先ほどもご紹介しましたが寿命が3年程度と短いシーリング材も珍しくありません。オートンイクシードは独自の開発により可塑剤を使用せずに耐候性・弾力性を高めたシーリング材で、可塑剤が染み出すことによるブリード現象を起こし外壁を汚す心配もありません。オートンイクシードを使用するメリットは「外壁塗装と同じタイミングでメンテナンスできる」ということです。15年以上の耐用年数であればシリコン系・フッ素系の外壁塗料を使用してもシーリング材が先に劣化することはありません。

施工直後は触らないようにしてください

シーリング打ち替え補修工事完了

補修後の目地シーリングです。施工直後は粘弾性体ですので触るだけで変形してしまいますが徐々に硬化し、押しても元通りに戻るゴムになっていきます。シーリング材は太陽光等で劣化しますので通常は外壁塗装前に補修するケースが多いのですが、クリヤー塗料など硬い塗膜の場合はシーリング補修が後になります。順番は特に問題ではありませんが後打ちの場合は塗装で隠せませんので、慎重に色を決めていきましょう。シーリング材は耐用年数によって費用が異なります。しかし高耐久のものを使用すればメンテナンス回数も雨漏りのリスクも減らすことが出来ますので、ランニングコストの軽減が期待できます。シーリング材の種類等に関してご不安がある方はお気軽に街の外壁塗装やさんへご相談ください、お住まいの状況に合わせてメンテナンス方法をご提案させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に