千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 八千代市八千代台南にてUVプロテクトクリヤーで外壁塗装工事を...

八千代市八千代台南にてUVプロテクトクリヤーで外壁塗装工事を行ったお住まいの点検時の様子をご紹介


屋根カバー・外壁塗装工事でお世話になりました八千代市八千代台南のO様邸も早くも3年の月日が経ちました。今年は定期点検の年ですので日本ペイントのUVプロテクトクリヤーでの外壁塗装後の変化も見ることができますが、まずは塗装を行う前の様子をご紹介したいと思います。外壁塗装工事をご検討中、サイディングの風合いを変えずに塗装したいとお考えの方は参考にご覧ください。そして我が家の塗装にクリヤー塗装ができるのか、着色塗料を使用したほうがいいのかの判断材料にお役立てください。

塗装で印象を変えたくないお住まいの外壁塗装前点検

八千代市八千代台南の外壁塗装前点検
経年劣化が見られない窯業系サイディング

点検当時は築11年で窯業系サイディングに目立った色褪せや傷は見当たりませんでした。工事をご検討されたきっかけは築年数も関係ありますが、訪問業者に屋根の葺き替えを勧められたからです。本当に築10年前後で葺き替え工事をしなければならないのか、また工事の必要性があれば足場仮設を行った際に外壁塗装工事も行いたいとご相談をいただきました。スレート屋根材は割れがあるものの浮きや反りも見られず塗装工事も可能だったのですが、今後のメンテナンスを考慮した上で屋根カバー工法を行うこととなりました。築浅で外壁塗装を行う場合は2パターン、クリヤー塗装か着色塗装からお選びいただきます。意匠性の高いサイディングを使用している、柄や模様を消したくない、印象を変えたくないという方にはクリアー塗装がおすすめです。しかしクリヤー塗装は既存外壁の補修もできずそのまま塗膜保護をしますので、あらかじめサイディングに傷や色あせが見られないかをチェックしておかなけれなりません。

苔やカビで隠れた劣化をチェックしましょう

落とせる汚れはチェック

通常外壁材の経年劣化が見られる場合はクリヤー塗装は出来ません。しかし苔が付着しているだけ釘が浮いているだけといった、清掃や補修をすれば改善できるものに関しては問題ありません。北側の外壁は日当たりが悪く苔・カビ・藻が付着していましたが高圧洗浄で綺麗に落とせるものであればクリアー塗装も可能です。苔が付着しているということはいくらかは外壁材が吸水し傷んでいる可能性もありますので、必ず一度清掃をして腐食していないことを確認してから塗料の選定をしましょう。

シーリング材の経年劣化「ブリード現象」

ブリード減少
シート防水の点検

外壁材を見る限りはクリヤー塗装が可能ですが、最後のチェックポイントは目地と呼ばれるサイディングボードの隙間です。通常は雨水が侵入しないようにシーリング材と呼ばれる防水材で隙間を塞いでいますが、まれに目地部分だけ黒くなっているお住まいも見られます。シーリング材に汚れが付着し黒ずんでいることもあるのですが、目地周辺のサイディングにまで黒ずみが見られる場合は「ブリード現象」が発生しています。これはシーリング材に含まれている可塑剤が経年劣化によって染み出し、外壁材を汚してしまっていて清掃では綺麗に落とせません。つまりブリード現象が目立つ場合はクリアー塗装で隠すこともできませんので、着色塗料での塗装を行わなければなりません。今回のように外壁材がブラウンなど目立ちにくい色であれば良いのですが、イエロー・ピンク・ホワイトといった明るい色では目立ってしまいますので十分に注意しましょう。ちなみにブリード現象が発生しているということはシーリング材も劣化しているということです。必ず目地打ち替え補修を同時に行っていきましょう。

最後にバルコニーの防水層をご紹介します。繋ぎ目が確認できるシート防水ですが、経年劣化も見当たらず非常に綺麗な状態を維持していました。しばらくはシート防水の劣化で雨漏りを起こす可能性が低いため、紫外線で劣化しないようトップコートで表面保護を行っていきましょう。次回はクリヤー塗装の仕上がりと付帯部塗装をご紹介したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に