千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市稲毛区長沼町にて2回目の外壁塗装の前に点検を実施、付帯...

千葉市稲毛区長沼町にて2回目の外壁塗装の前に点検を実施、付帯部と瓦屋根の経年劣化と補修方法をご提案


築26年、2回目の外壁塗装をご検討中の千葉市稲毛区長沼町にあるお住まいです。今回は漆喰の剥がれも見られるということで、瓦屋根の点検も同時に行い適切なメンテナンスをご提案させていただきました。街の外壁塗装やさんは塗装はもちろん漆喰補修や葺き替え工事、外構工事等も承っておりますので、いくつもの業者に依頼する必要がありません。気になる箇所がございましたらお気軽にご相談ください。

2回目の外壁塗装前点検

千葉市稲毛区長沼町の外壁塗装点検
チョーキングと凹部の汚れ

2階建てのモルタル住宅のようにも見えますが、パネルの継目が存在する為サイディングにモルタルを吹き付けて仕上げていることが分かります。前回外壁塗装をされてから10年程度経過しているため、パネル継ぎ目の凹部は汚れが溜まりチョーキング現象も発生していますが、塗膜の剥がれや汚れの付着も少なく非常に良好な状態です。ホワイトの外壁は清潔感がある一方汚れが目立ちやすいという理由で中々使用されることがありません。しかし綺麗な状態を維持できるようであればチョーキング現象も目立ちにくく色褪せを感じさせませんので、立地や清掃頻度を検討した上で使用してみるのも良いでしょう。

付帯部補修は今後のメンテナンスを考慮しましょう

破風板の塗膜剥がれ
化粧合板の軒天

前回の塗装でメンテナンスされたと思いますが、やはり外壁材よりも破風板や軒天といった付帯部の方が傷みやすい傾向にあります。特に木材が使用されている場合は塗膜が剥がれやすい為、頻繁に塗り直さなければなりません。これは高耐久の塗料を使用したとしても剥がれにくくなるわけではありませんので、メンテナンス回数を減らしたい場合はガルバリウム鋼板でのカバー工事等で木材の劣化を防ぎましょう。

軒天には木目調の化粧合板が使用されていますが、綺麗な状態であればクリアー塗装で木目を残すことも出来たでしょう。しかし経年劣化によって雨染みや汚れの付着が著しいとクリアー塗装で隠すことが出来ませんので、着色塗料で木目を潰すことになります。どうしても木目調を活かしたい場合は、軒天の張り替えや増張りで補修を行いましょう。

屋根からの雨漏りが外壁に悪影響を与えることも

瓦屋根の棟歪み
漆喰の剥がれ

築年数の経過によってお住まいのメンテナンス箇所も徐々に増えます。今回は棟の歪みと漆喰の剥がれが見られましたが、このどちらの劣化も雨漏りを起こす可能性があります。外壁とは無関係のように見えても、住宅に雨水が入り込むと構造材を傷めたり塗膜の膨れを起こしてしまったりと様々な悪影響を及ぼします。外壁塗装を行う際には足場の仮設が必要になりますので、この機会に屋根の補修工事も行いお住まいをしっかり守っていきましょう。

小屋裏点検で雨漏りチェック

小屋裏点検

屋根をチェックしただけでは雨漏りの有無を断定することが出来ません。雨漏りは屋根材直下にある防水紙の劣化が原因ですので、外観に問題が無くとも雨漏りを起こしているケースがあるからです。その為点検時には小屋裏を確認し、雨水が浸入していないかをしっかりと確認する必要があります。もし雨漏りを起こしている場合は、原因が棟なのか、防水紙の劣化であるのかを確認し、必要に応じた補修工事を行わなければなりません。今回は雨漏りの形跡がありませんので、今後雨漏りを起こさないように棟の取り直し工事と漆喰補修工事をご提案させていただきました。

屋根と外壁は構造・使用材料も全く違いますが、メンテナンスサイクルはそれほど大きな違いは生じません。またどちらも定期点検を行っていく必要がありますので、屋根と外壁の状態を判断し補修を行える業者に依頼しましょう。街の外壁塗装やさんは補修をするしないに関わらず無料点検を承っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に