千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 四街道市千代田にて陸屋根からの雨漏り点検でウレタン防水(絶縁...

四街道市千代田にて陸屋根からの雨漏り点検でウレタン防水(絶縁工法)と笠木の役割をご紹介


四街道市千代田にて陸屋根の防水補修依頼を承りました。10年前にウレタン塗膜防水を施工したようですが、最近になり雨漏りが発生してしまったとのことです。防水工事は現況の経年劣化次第で施工方法を変えなければ、雨漏りを再発してしまう可能性があります。特に築年数が経過したお住まいは、下地や旧塗膜の劣化が見られますので慎重に検討しましょう。

陸屋根からの雨漏り点検

四街道市千代田の陸屋根点検
陸屋根防水点検

三角屋根など勾配(傾斜)がある屋根が多いですが、近年は平坦な屋上や陸屋根と呼ばれる形状の住宅も増加してきています。陸屋根の注意点は「勾配がほとんどない」ということです。勾配があることで雨水をスムーズに排出出来ますが、陸屋根は非常に緩やかで歩くこともできるスペースです。溜まった雨水はゆっくりと排水口に流れていきますが、勾配のある屋根よりも傷みやすい傾向にありますので、定期的な防水メンテナンスは欠かせません。

塗膜の破れ
鉄筋の錆

ウレタン防水の耐用年数は10~13年程度ですので確かにメンテナンス時期には差し掛かっています。しかし10年前に施工したウレタン防水がここまでひび割れ・亀裂を起こすというのはあまり見ることがありません。恐らく下地の影響を大きく受けた結果、想像以上に傷みが進行してしまったと考えられます。脱気筒等も見当たりませんので前回補修は密着工法を採用したのでしょう。

また鉄部の錆が進行したことにより、塗膜と鉄部の間に隙間が出来ている事も想定されます。耐久性に優れた鉄部ですが、錆が進行してしまえば穴あき等の腐食が進み防水機能を妨げる恐れがあります。補修費用は抑えたいところですが、防水層を維持する為にも接触部分は同時にメンテナンスをしておきましょう。

笠木の劣化が雨漏りを発生してしまいます

笠木の浮き

立ち上がりの頂部に取り付けられている笠木は浮き、壁との間に隙間が出来てしまっていました。笠木はクラックの発生や雨漏りを防ぐ為にも設置されていますが、釘浮きやシーリング材の劣化によって雨漏りを引き起こす原因にもなってしまいます。既に変形も起こしてしまっていたため一度取り外し防水補修、再設置を行うことで立ち上がりからの雨漏りを防ぐことが出来ます。

今回の様に雨漏りを起こしていたり下地の影響を考慮しなければならない場合、密着工法よりも絶縁工法が最適です。そこで今回は絶縁工法の特徴と施工方法、笠木設置後の注意点をご紹介いたします。

ウレタン塗膜防水工事(絶縁工法・通気緩衝工法)

通気緩衝シート
ウレタン塗膜防水

絶縁工法とは通気緩衝工法とも呼ばれますが、下地と防水層の間に無数の穴が開いたシートを床面に貼ることでわずかな空間を設け、防水層の完全密着を防ぎます。下地が水分を含んでいる場合、密着工法を行うと防水層に膨れを起こしてしまう可能性が高くなります。シートは膨れの原因ともなる蒸気を同時に設置する脱気装置から逃がし、防水層劣化の原因となる膨れを防ぐことが出来ます。下地に防水層が密着しないということは細かな下地処理も必要ありませんが、塗膜のひび割れや大きな凹凸は綺麗に整えることで傷みにくい防水層を形成出来ます。

定期的な笠木メンテナンスを行いましょう

笠木のウレタン防水
笠木取付とシーリング補修

立ち上がりももちろんウレタン防水工事でしっかりと補修し、クラックからの雨漏りを防いでから笠木を取り付けます。笠木の種類は様々ですが、いくつか鋼板を繋ぎあわせる場合は必ずコーキング材で隙間を塞ぎます。シーリング材は太陽光や雨水によって傷みやすい為、防水層とは別にこまめなメンテナンスを心がけましょう。絶縁工法は密着工法よりも費用がかかりますが、耐久性は15~20年程度と非常に長いですので、今後雨漏り等が心配な場合や下地の劣化が著しく見られる場合は、下地の影響を受けにくい絶縁工法を行いましょう。

雨漏り補修や無料点検依頼や施工費用等に関するご質問がございましたら、お気軽に街の外壁塗装やさんへご相談ください。築年数や下地の劣化を考慮し、適切な防水メンテナンスをご提案させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区千種町のシート防水点検を例に雨漏りの原因とメンテナンス方法をご紹介

寒冷前線の影響から本日関東地方には大雨警報が発表されています。このような日に多いのが雨漏りに関するご相談です。そこで今回は千葉市花見川区千種町の防水点検を例に雨漏りを起こしかねない状態、雨漏りを起こさないようなメンテナンス方法をご紹介したい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区作新台の築30年経過したお住まいにて外壁塗装を行う際のチェックポイントをご紹介

千葉市花見川区作新台にて外壁塗装前点検を承りました。築30年を経過し屋根からの雨漏りも発生しているという事で、屋根リフォームに合わせて外壁塗装もご検討されているようです。住宅は定期的なメンテナンスを心がけていても、どうしても少しずつダメージ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事で改善、笠木シーリング補修も実施

本日は前回ブログでご紹介した千葉市中央区中央にあるビルの雨漏り補修の様子をご紹介したいと思います。ビルやマンション等に多く採用されるフラットな陸屋根(ろくやね・りくやね)は屋上庭園や洗濯物干しスペースとしても利用できる反面、傾斜がほとんどな… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に