千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市中央区おゆみ野中央にて折板屋根の塗装前点検、錆による腐...

千葉市中央区おゆみ野中央にて折板屋根の塗装前点検、錆による腐食の注意点と金属屋根のお奨め塗料を紹介


千葉市中央区おゆみ野中央にてテナントの屋根塗装前点検依頼を承りました。今回は凹凸の大きい折板屋根ですが屋根面積と実際の塗布面積は大きく異なります。そこでまずは折板屋根の面積の求め方と、塗装・補修時のポイントを紹介したいと思います。

ちなみにインターネットで調べていると「折半・折板・折版」の表記が見られますが全て同じ屋根材を指しています。

折板屋根とは?

千葉市中央区おゆみ野中央の折板屋根点検
パラペット部の錆

折板屋根は金属鋼板を折り曲げて耐久性を高めていますので過酷な強風地帯でも多く使用されています。また野地板等の下地が必要なくタイトフレームの設置だけで葺くことが出来る為、工場や体育館等の大きな建物にも使用されます。山高と優れた雨仕舞によって腐食しにくいのも大きな特徴です。テナントということで、パラペット(端の立ち上がり)部分に看板が取り付けられていました。鋼板は軽量でありながら耐久性に優れていますので近年リフォームにも多く使用されていますが、腐食し始めると耐久性が著しく低下してしまいますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

塗装面積の求め方

ボルトの状態確認

折板屋根は見ての通り他の屋根材よりも山高が大きいです。瓦棒は芯木部分が33㎜ですが、折板屋根に関しては最も高い位置から低い位置まで85㎜以上はあります。平面上で見た場合に100㎡であっても、塗装をする際には山高の斜面も塗る必要がある為、塗布面積は100㎡では足りません。折板屋根の面積を求めるには三平方の定理(縦²+横²=斜面²)で山高の長さを計算することも出来ますが、概算であれば平面の面積に係数(山高88㎜の場合は1.4、150㎜の場合は1.7)をかけることで求められます。つまり実際の塗布面は140~170㎡あり、使用する塗料の量が異なりますので大体の面積を把握しておきましょう。

塗装メンテナンスで錆の発生を防止

ボルト腐食
下塗り,錆止め

折板屋根は凸部に屋根材を固定しているボルトが露出しています。施工直後は皮膜がありますが経年劣化によって錆び始め腐食を起こします。が酷くなると屋根材との間に隙間が出来ることもありますし、錆が流出することで屋根材が「もらい錆」による劣化を受けてしまいます。このような錆を防ぐには定期的な塗り替えが大切です。

金属系屋根材はスレート等のセメント系屋根材に使用する塗料では、密着力が足りず塗膜の剥がれを起こす可能性があります。そこで下塗りには、シーラーではなくプライマーを使用します。更に防錆機能のあるプライマーを使用することで、錆の拡大防止・発生防止が期待できます。

遮熱塗料で金属屋根のデメリットをカバー

屋根塗装
塗膜保護完了

錆止め塗料は3~4年の耐久性が無いため、仕上げ塗料で保護を行っていく必要があります。金属系屋根材は蓄熱しやすく熱を伝えやすい為、断熱材と一体になっていない屋根材には遮熱塗料は断熱塗料の使用をお奨めいたします。写真は日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiのクールネオスカイブルーを使用しています。色の選び方もポイントです。ブラックとホワイトを較べた場合、ホワイトの方が反射率が高く遮熱効果を発揮できます。ブルーはホワイトと較べると反射率は劣りますが、色褪せを起こしにくく汚れも目立ちにくい為、塗り替えにお奨めのカラーです。

 

街の外壁塗装やさんでは屋根材の特徴を見極め、正しい屋根塗装メンテナンスをご提案させていただきます。無料点検・お見積りを承っておりますので、塗り替え時期の方や屋根の状態が気になる方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区亥鼻の屋根塗装前点検を例に、メンテナンスフリーをご希望のお客様へ最適な工事をご紹介

本日は千葉市中央区亥鼻で実施した屋根塗装前点検をご紹介いたします。今回のメンテナンスを機に屋根外壁共にメンテナンスサイクルを延ばしたいというご希望から、スレート屋根材に屋根塗装が適しているのか、葺き替えやカバー工法を行っておいた方が良いのか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 習志野市大久保の屋根点検にて瓦棒(トタン)が塗装出来るかどうかの判断方法をご紹介

習志野市大久保にお住まいのお客様から、「建坪40坪程度の住宅の屋根を今後葺き替えるべきかどうか?」とご相談をいただきました。まず先にお話ししておきたい事は、築20年程度経過しているお住まいでは屋根や外壁も経年劣化を起こし、雨漏りを起こしてし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市若葉区御成台にて屋根調査にあわせて鎧張りサイディングの外壁塗装前点検を実施

今回は当初屋根の経年劣化に不安を感じ現地調査にお伺いした、千葉市若葉区御成台のお住まいです。街の外壁塗装やさんでは無料点検時にお客様の気になる箇所はもちろん、お住まい全体の状態も確認させていただきます。屋根と外壁同時にメンテナンスを行った方… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に