千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市稲毛区小深町にて2回目の屋根塗装前点検、下塗りは塗膜の...

千葉市稲毛区小深町にて2回目の屋根塗装前点検、下塗りは塗膜の剥がれや色ムラを防止出来ます


千葉市稲毛区小深町にお住まいのK様より屋根外壁塗装工事に関するご相談をいただきました。2回目の塗り替え時期となり、スレート屋根材の経年劣化に合わせて屋根カバー工法も検討中とのことですが、雨漏りを起こしていない以上塗り替えでメンテナンスコストを抑えたいとご希望を伺いました。雨漏りが起きていない限りは屋根材を使用し続けることは可能です。しかし問題は、今後屋根材を保護し続ける為の塗膜を形成する必要がありますので、屋根の状態にあったメンテナンス方法を踏まえご紹介したいと思います。

2回目の屋根塗装前点検

千葉市稲毛区小深町で屋根塗装
谷板金

ドーマーが設置された少し複雑な形状のスレート屋根材です。全体的な色褪せと雨染みが気になりますが、もちろん塗り替えは可能です。ドーマーが設置されている屋根は雨仕舞が難しい為、雨漏りを起こす可能性が高くなってしまいます。しかし取り合いにある板金や屋根材自体の経年劣化に注意していれば雨漏りを防ぐことが出来ますので、錆による腐食が起きないように注意していきましょう。

塗膜の剥がれ

以前塗装メンテナンスをされてから8年程度が経過したようですが既存塗膜に剥がれが見られ、中には屋根材の素地が露出している部分も見られました。この状態でも塗装はもちろん可能です。しかし下地処理を充分に行わないと既存塗膜と一緒に剥がれてしまう恐れがあります。また築年数も経過している事から、スレート屋根材が劣化していることも考えられます。

塗膜の剥がれを防ぐ為の下地処理

高圧洗浄
板金部の下塗り,錆止め

このような塗膜の剥がれを起こさないようにするには、まず屋根材と塗膜の密着性を高める必要があります。それには高圧洗浄で表面に付着した埃や汚れ、そして今にも剥がれそうな既存塗膜をしっかりと削り落としていきます。屋根材が水分を含んでいると塗膜の剥がれの原因となる【膨れ】を起こしてしまいますので、充分に乾燥させてから塗り替えを行います。セメント系の屋根材と金属系のガルバリウム鋼板は塗料の吸い込み・密着力も異なります。まず板金部分は表面が滑らかなため塗膜が剥がれやすい傾向がありますので、プライマーと錆止め塗料の性能を持った金属系専用下塗りで長期的な耐久性維持を図ります。

素材・経年劣化に合わせて下塗り塗料を変えていきます

下塗りシーラー
屋根塗装工事完了

セメント系の屋根材は傷んだ部分だけ塗料の吸い込みが激しい為、下塗りなしでは色ムラを起こしてしまいます。必ず下塗りシーラーを塗り込み、塗料の吸い込み止めと密着性を高めます。ホワイト色は塗布面が分かりやすいのですが、クリアー(透明色)の場合は仕上がりに違いがありませんので塗り残しが無いよう作業を行います。傷みが著しい屋根材にはベスコロフィラーHG(ホワイト)で補修・補強を行います。

下地処理・下塗りさえしっかりと行えば仕上げ塗料はしっかりと密着し屋根材の保護が出来ます。屋根は常に太陽光と雨水に晒され続けますので、シリコングレード以上の塗料を使用し経年劣化を防いでいきましょう。屋根外壁塗装のメンテナンスサイクルを合わせるには屋根塗料に1グレード上の塗料を使用することがポイントです。

屋根塗装を行うのか、屋根カバーや葺き替えを行うべきかの判断は非常に難しいです。屋根塗装はコストを抑えながらも屋根材表面の保護が出来ますが、誤った施工・下地処理によって塗膜の劣化だけでなく雨漏りを引き起こすこともあります。屋根塗装に関するご質問や、施工や費用、塗料に関して気になる点がございましたらお気軽に街の外壁塗装やさんへご相談ください。お住まいの状態に合わせて最適なメンテナンス方法をご提案させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区亥鼻の屋根塗装前点検を例に、メンテナンスフリーをご希望のお客様へ最適な工事をご紹介

本日は千葉市中央区亥鼻で実施した屋根塗装前点検をご紹介いたします。今回のメンテナンスを機に屋根外壁共にメンテナンスサイクルを延ばしたいというご希望から、スレート屋根材に屋根塗装が適しているのか、葺き替えやカバー工法を行っておいた方が良いのか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 習志野市大久保の屋根点検にて瓦棒(トタン)が塗装出来るかどうかの判断方法をご紹介

習志野市大久保にお住まいのお客様から、「建坪40坪程度の住宅の屋根を今後葺き替えるべきかどうか?」とご相談をいただきました。まず先にお話ししておきたい事は、築20年程度経過しているお住まいでは屋根や外壁も経年劣化を起こし、雨漏りを起こしてし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市若葉区御成台にて屋根調査にあわせて鎧張りサイディングの外壁塗装前点検を実施

今回は当初屋根の経年劣化に不安を感じ現地調査にお伺いした、千葉市若葉区御成台のお住まいです。街の外壁塗装やさんでは無料点検時にお客様の気になる箇所はもちろん、お住まい全体の状態も確認させていただきます。屋根と外壁同時にメンテナンスを行った方… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に