千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市中央区仁戸名町にてモルタル外壁の塗装前点検で瓦屋根の劣...

千葉市中央区仁戸名町にてモルタル外壁の塗装前点検で瓦屋根の劣化も確認


千葉市中央区仁戸名町にある築13年のお住まいで外壁塗装前点検を行いました。外壁を触ると白い粉が付着する「チョーキング現象」が著しく見られることと、モルタル外壁特有のクラック(ひび割れ)が気になるという事ですので、早速無料点検を行いお住まいの状態を確認させていただきました。

1950年頃から普及し始めたモルタル外壁

千葉市中央区仁戸名町の外壁塗装前点検
モルタル外壁

2階建てのモルタル外壁と瓦屋根の和風住宅です。モルタル外壁は窯業系サイディングとは異なり職人が現場で塗って仕上げていくため、工期も手間もかかり費用も高額になりがちです。しかしその費用を払うだけの価値があるのも大きな特徴です。モルタル外壁はその住宅ごとに仕上がりが違うので特別感もあり、柔らかく味わい深い印象になります。耐久性・耐火性にも優れていますので長期間に渡って快適なお住まいを維持することも出来ますが、主原料はセメントですので耐水性は保護塗膜に左右されます。チョーキング現象は塗膜の劣化を示していますので、定期的な塗り替えメンテナンスを行い高い性能を低下させないように心がけていきましょう。

雨漏りの原因となり得る構造クラック

クラックの発生

モルタル外壁で最も気になるのはクラックと呼ばれるひび割れです。セメントと砂と水を混ぜて塗るモルタルは、乾燥や収縮・建物の揺れによってクラックが発生しやすい外壁材です。これは施工上の要因(気温や湿度、かぶり厚さの不足等)と地震等の外的要因によって、例え築年数の浅いお住まいでもクラックが発生してしまう可能性は充分にあります。クラックには塗料で埋めることの出来る細いヘアクラックと、深部まで補修を行う必要のある構造クラックがありますが、こちらの様に少し離れた場所からでも確認できる場合は構造クラックになります。雨水が入り込み雨漏りを引き起こすこともありますが、ヒビは表面だけでなく奥にまで拡大していますので、電動カッターで補修剤が奥まで充填できるように一度削る必要があります。一度しっかりと補修を行えば再発の可能性は低くなりますので、できればヘアクラックの内に補修、構造クラックが出来ても根本から補修をしておきましょう。

軒天の汚れ
足場仮設

住宅の美観を損ねている軒天や雨樋も点検しました。どちらも破損はありませんでしたが、色褪せや汚れの付着で長く使用している印象が見受けられました。軒天の穴が開いている【有孔ボード】は小屋裏の換気を行う為の部位で、通気を行う際に埃が付着しやすい傾向にあります。お住まいを囲う様に取り付けられた軒天や雨樋は、注目はされていないもののお住まいの印象を大きく変えてしまう為、外壁塗装に合わせて塗り替えて綺麗な状態を維持しましょう。

外壁塗装工事の際には安全且つ綺麗に塗る為に必ず足場仮設を行います。軒天や雨樋は外壁よりも外に出っ張っていて足場が無ければ補修が出来ないため、この機会に不具合を感じられる場所の補修を行えばメンテナンスコストを抑えることが出来ます。

外壁塗装と合わせて和(陶器)瓦もチェック

漆喰の剥がれ点検
防水紙の劣化確認

和(陶器)瓦は塗装が必要ない屋根材ですがメンテナンスは必要です。棟や土居熨斗(どいのし)の面戸の漆喰が剥がれてしまうと、雨水が入り込み雨漏りを起こしてしまいます。屋根だけの問題かと思われがちですが、住宅に入り込んだ雨水は天井や外壁等どこから出てくるのかは分かりません。壁を伝い外壁材を腐食させてしまう事も稀にありますので補修を行っていく必要があります。瓦屋根からの雨漏りは防水紙の破れ、漆喰の劣化、平瓦や棟のズレが考えられます。街の外壁塗装やさんでは塗装だけでなく瓦の補修も承っておりますので、お住まい全体の状態に合わせたメンテナンスをご提案させていただきます。無料点検・お見積りは無料ですのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に