千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市緑区の外壁塗装前点検で窯業系サイディングに使用できるク...

千葉市緑区の外壁塗装前点検で窯業系サイディングに使用できるクリアー塗装の特徴と注意点をご紹介


今回ご紹介するのは屋根外壁塗装メンテナンスのお見積り依頼を頂きました千葉市緑区のお住まいです。それほど経年劣化が見当たらないようですので塗り替えをご希望ですが、実際の経年劣化を確認した上で最適な補修方法を教えてほしいとのことでした。また模様があり意匠性の高いサイディングを使用しているお住まいは、その模様を活かしたままの塗膜保護も可能ですのでクリアー塗装の特徴と注意点もあわせてご紹介したいと思います。

千葉市緑区での屋根外壁塗装前のお住まい調査

塗装出来ない屋根材ニチハのパミール

屋根メンテナンス
パミールの層間剥離

スレート屋根材は1996~2008年に製造されていたニチハのパミールですが、既に層間剥離(ミルフィーユ現象)が進行し剥がれが目立っていました。雨漏りを起こしていなければ塗装は可能だと言われていますが、問題なのは塗装後に屋根材が使用し続けられるのかという事です。パミールに塗装を行っても層間剥離によって剥がれてしまいますので、長く安心して生活するためには屋根カバーや葺き替えを行いましょう。塗装ができない屋根材としては他にセキスイのかわらU、松下電工のレサス・シルバス、クボタのアーバニーグラッサ等があります。施工年数によってはアスベストが含まれていて高耐久のものもございますので、図面や築年数で確認しましょう。

意匠性の高い窯業系サイディング点検

千葉市緑区の外壁塗装前点検
目地シーリング材

続いては窯業系サイディングです。築年数はそれほど経過していないようにもみえますが、実は築20年ちょっととのことです。一度塗り替えをしたことがあるにも関わらずサイディングの模様が残っているという事は、クリアー塗装を行ったのでしょう。表面の艶は経年劣化によってなくなってしまいますが、色褪せや苔・汚れの付着を防止したお陰で今なお綺麗な状態を維持できていたのでしょう。ただ前回塗装時の目地補修に可塑剤を混合しているシーリング材を使用していたようです。可塑剤が外壁材に移ることによって目地周辺が薄く黒ずんでしまっていました。これはブリード現象と呼ばれますが、外壁材自体が黒ずみますので塗膜の劣化とは関係なく起きてしまいます。

築浅住宅にのみ使用できるクリアー塗料

UVプロテクトクリアー
クリアー塗装

クリアー塗装は名前の通り透明色の塗料で表面保護をするものですので、外壁の色褪せや汚れ、傷を隠すことは出来ません。その為、築10年以内で劣化が酷くないお住まいにしか使用することは出来ません。透明塗料でありながら、色褪せや塗膜劣化の原因である紫外線の透過を減らすことで長期に渡ってサイディングを保護することが出来ますし、何よりもお気に入りのサイディングのデザインを維持することが出来ます。防藻・防カビ性に優れているため以前よりも汚れの付着が少なくなったという嬉しいお言葉も頂きます。

汚れの付着

その前回時のクリアー塗料が劣化してしまったことで苔や汚れの付着が発生していました。またサイディングが色褪せたことによって疎らな部分がありました。クリアー塗装を行う事は可能ですが、おそらく色褪せ等を綺麗に隠すことは出来ないでしょう。そこで今回は着色塗料での塗り替えをご提案させて頂きました。シーリング材は可塑剤を含まないノンブリードタイプを使用し汚れの付着・黒ずみの拡大を防いでいきます。

着色塗料を使用すると模様は全て塗りつぶしてなくなってしまいますが、サイディングの凹凸を活かした塗り分けは可能です。次回はカラーシミュレーションを利用しながら塗り分けやサイディングの柄を活かした塗装方法をご紹介したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に