千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 四街道市にて直貼り工法の窯業系サイディングを塗装する際の注意...

四街道市にて直貼り工法の窯業系サイディングを塗装する際の注意点をご紹介


セメント瓦の点検を行った四街道市のお住まいですが、築22年で2回目のメンテナンス時期を迎えていますのでサイディング外壁の状態も確認させて頂きました。今回は窯業系サイディングの施工方法と、住宅の所々にある隙間の役割と補修時の注意点をご紹介したいと思います。

1996年築住宅の塗装前点検

四街道市の外壁塗装前点検
チョーキング現象

総2階建てのお住まいは一度屋根塗装とともに外壁塗装をされたようで、22年目にして大変綺麗な状態を維持しておりました。前回塗膜は経年劣化しチョーキング現象を起こしていますが、高圧洗浄で洗い落とし塗り替えをすれば引き続き綺麗な状態を維持できるかと思います。但しここからご紹介するのはサイディング自体の張替えを検討しなければならない劣化です。張り替えを行った場所は色が異なってしまいますので。塗り替えを行う前にしっかりと補修していきましょう。

サイディングの歪み
笠木のテープ

まずはサイディングのうねりです。塗膜の劣化は塗り替えで補修することが可能ですが、サイディング自体ももちろん経年劣化を起こします。太陽光や雨水に晒され続けたり釘の浮きにより、外壁材が浮き・反り・うねりを起こしてしまい、雨水が浸入する入口が出来てしまいます。これはまだ軽微な内ですが塗り替えで補修することは出来ませんので、張替補修を行わなくてはなりません。

続いてはベランダの手摺壁です。笠木部分にテープが貼られていますが恐らくサイディングが腐食し始めたことで、笠木との隙間から入る雨水をせき止めているのでしょう。

水切りのシーリング

同様にサイディングと水切りとの隙間もコーキング材で塞いでありますね。サイディングが腐食してしまった原因は雨水の浸入が一番だと思いますが、テープが剥がれれば雨水は入り込んでしまいますし、何よりも見栄えが悪くなってしまいます。

実はこのようなサイディングの腐食で悩まれているお住まいは少なくありません。そしてこのような不具合が起こってしまうのは築年数が経過しているお住まいが多いのですが、塗膜が劣化したからという理由だけではないかもしれません。

直貼り工法と通気工法の特徴と判別方法

直貼り工法の裏
通気工法

窯業系サイディングは1960年代から使用され始めたようですが、2000年に「住宅品質確保促進法」が制定される前は【直貼り工法】が主流でした。直貼り工法というのは、左画像のような透湿防水シートの上から直接サイディングを張る工法です。現在築20年を経過しているお住まいはほとんどの住宅が直貼りされているのですが、雨水が入り込んでしまうと、その雨水が逃げ切れずシートが吸い込むことで外壁材が腐食しやすい傾向にあります。

2000年以降は【通気工法】を用いり、右画像のように胴縁で透湿防水シートとの間に空間を設けています(画像は外壁カバーの様子ですが同様に胴縁で空間を作ります)。こうすることで万が一雨水が入った時にもその空間を通り水切りから排水されます。こもりがちな湿気も逃がしますので、外壁材が腐食しにくく仕上がります。しかし今回の様にテープを水切りをコーキング材で埋めてしまうと、排水がままならず直貼り工法と同様に腐食を起こしてしまいます。室内と接している外壁でしたら内装まで影響を受けてしまうでしょう。今回は直貼り工法ですので入口・出口を塞いだからといってそれほど変化はないとは思いますが、サイディングの腐食は張替補修をしなければなりません。

直貼り工法と通気工法を見分けるには築年数、そして躯体と外壁材までの幅です。通気工法の場合は胴縁(約10~15㎜)分外側に張られていますので、水切り部分の幅を測る事でどちらの施工方法で仕上げているのかが分かるかと思います。

直貼り工法のサイディングを塗装する際の注意点

では直貼り工法は湿気の影響を受けやすいという事は張替えをしなければならないのか?ということではありません。もちろん腐食した部分は改善が見込めないため張替が必要です。しかし塗装メンテナンスで劣化を防ぐことは出来ます。直貼りサイディングの場合は湿気を含んでいる可能性がありますので、何も考えずに塗装すると後々塗膜の膨れ・剥がれを起こす可能性があります。そのため湿気を逃がすことのできる透湿性の高い塗料で塗り替えを行っていく必要があります。

スレート屋根の塗装時にも毛細管現象を防ぐ為にタスペーサーの挿入や縁切りを行います。それと同様に外壁にも理由のある隙間が存在します。全ての隙間を完璧に塞げば雨水の浸入を防ぐことが出来るかとは思いますが、湿気が逃げず部材の腐食を招いてしまいますので、塗り替え・補修は外壁材の注意点を熟知した業者へ依頼しましょう。

街の外壁塗装やさんでは屋根材・外壁材に適したメンテナンス方法をご提案させて頂いております。ご質問はもちろん、点検・お見積りも無料にて承っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に