千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 習志野市の住宅塗装前点検で外壁タイルの特徴と剥がれる原因「相...

習志野市の住宅塗装前点検で外壁タイルの特徴と剥がれる原因「相対ひずみ」をご紹介


習志野市にお住まいのお客様より住宅塗装前点検を承りました。モルタル外壁というと和風住宅ばかりに使用されていると思われがちですが、住宅形状・併用材料・仕上がり次第で洋風にも仕上げることが出来ます。今回はモルタルと共に使用されているタイルの特徴や注意点と、屋上防水に見られるひび割れによる雨漏りの可能性と補修方法をご紹介したいと思います。

タイルを使用した外壁点検

習志野市で住宅塗装点検
タイル外壁

タイルは高耐久で瓦と同じく材料自体がメンテナンスフリーの為、高価な材料ながらも人気があります。全体をタイルで仕上げるとコストも跳ね上がり硬い印象になってしまうため、外壁一部に使用するお住まいも増えていますね。ひび割れやタイルの剥落を起こさない限りはいつまでも使用し続けることが出来ますので、トラブルが起きないようにメンテナンスを行いましょう。

ちなみにタイルは大きく陶器質・磁器質・せっき質に分類されますが、吸水率の低い磁器質とせっき質が外装に使用されます。磁器質タイルは素地が緻密で非常に硬く、叩くと金属音のような音がしますので判別することは可能ですが、メンテナンス方法はせっき質タイルであっても変わりません。

相対ひずみによるタイルの剥がれに注意

目地材の経年劣化
クラック

高耐久・高耐候な素材ですので変化に気づきにくいとは思いますが、タイルや目地のひび割れには注意しましょう。地震や飛来物等によってヒビが発生する場合がありますが、わずかな隙間ができてしまうとそこから雨水が入り込み、タイルを貼り付けているモルタルが傷んで剥落してしまいます。今回のようにタイルとモルタルといった異なる素材を使用している外壁は、素材ごとに温度と湿度の変化による膨張・収縮の幅が異なる「相対ひずみ」によるタイルの剥がれを起こす恐れもあります。タイルと接している外壁やコーキング材の経年劣化によって雨水が入り込む危険もありますので、1年に1回は住宅の全体点検をするように心がけましょう。一部分の剥がれは接着剤で補修することが可能ですが、全体的な浮き・剥がれはコストが掛かってしまいますので注意しましょう。

続いては粗めの骨材で櫛引仕上げのモルタル外壁の点検です。築年数はそれほど経過しておらず細かなヘアクラックが発生していました。ざらざらとした表面のクラックをコーキング材で補修してしまうと、その部分だけ滑らかな仕上がりになってしまいます。フィラーで埋められる軽微なクラックの内にしっかりと補修しておきましょう。

塗装とジョリパッドによる仕上がりの違いは?

汚れの付着しやすい外壁材

温かみがありながらも立体感を感じさせる仕上がりですが、表面の凹凸とざらざらとした手触りの外壁材は汚れが付着しやすく、洗い落としにくいデメリットがあります。塗装で綺麗に塗り直すことが出来ますが、塗膜によってざらざらとした表面が滑らかに仕上がってしまいます。現状の仕上がりを維持したい場合はジョリパッドで塗り直すことも出来ます。微弾性塗料を使用した場合もジョリパッドで仕上げた場合もひび割れが発生しにくい外壁にすることが出来ますが、ジョリパッドは汚れが付きやすい点が懸念されますので、仕上がりの違いと今後のメンテナンス方法を確認した上で使用材料を決めていきましょう。

防水表層のひび割れはトップコートの経年劣化です

屋上防水
トップコートのひび割れ

外壁塗装と同時にメンテナンスをしておきたいのが屋上やバルコニー・ベランダの防水です。一般住宅はウレタン塗膜防水やFRP防水で仕上げている事が多いのですが、防水層の表面保護の為にトップコートが施工されています。表面に見られる無数のひび割れはトップコートの経年劣化によるものですが、防水性能はありませんので雨漏りを起こす心配もありません。しかしトップコートが傷むことで防水層が露出し傷みやすくなってしまいますので、定期的にトップコートを塗り直していきましょう。

次回はスレート屋根の状態とメンテナンス方法をご紹介したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に