千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 四街道市にて塗装できないノンアスベスト屋根材セキスイかわらU...

四街道市にて塗装できないノンアスベスト屋根材セキスイかわらUを点検、石綿含有の判別方法も紹介


四街道市にて不動産会社様が所有されている中古物件の屋根点検を承りました。屋根材は37年間(1970~2007年)販売されていたセキスイのかわらUです。既に販売中止で在庫もほとんど残っておりませんが、全国で50万棟にも使用されていた屋根材です。かわらUはアスベストとノンアスベスト屋根材がありますがメンテナンス方法は全く異なりますので、今回はかわらUの特徴と補修方法、アスベストが含まれているかの判別方法をご紹介したいと思います。

ノンアスベストのセキスイかわらUを点検

四街道市の屋根点検
セキスイ瓦U

中古物件はメンテナンス中とのことで足場もメッシュシートも掛かっていました。高圧洗浄を行ったのか大屋根のかわらUは塗膜がほとんど残っておらず、塗装もしくは葺き替えが早急に必要な状態でした。耐久性に優れたアスベストが含まれたかわらUの場合も既に築年数が経過しているため、このような劣化が見られることもあるかと思いますが、高耐久のアスベストが含まれている場合は屋根の状態次第で塗装は可能です。

かわらUが多く使用された理由は?

大きな瓦寸法
屋根カバーのアスベスト

そもそもここまで多くのお住まいに使用された理由は、瓦形状でありながら大判サイズ(横900㎜×縦600㎜)で枚数を必要としないため工期の短縮と、屋根材の継目も少なくなるので雨漏りのリスクも抑えられます。重量は瓦の約1/3で耐震性の向上を図る事が出来、そして屋根カバー工法ができるという非常に画期的な製品だったからです。実際にこちらのお住まいにも割れたかわらUの隙間から下地のスレートが確認できました。屋根を二重にすることで断熱性・遮音性も向上させながらも、瓦のような仕上がりに出来ますのでメリットだらけだと思いますよね。

以遠の塗装施工
ノンアスベストの脆弱性

以前は屋根材に破損が少なかったため塗装メンテナンスをされたようですが、今回は築年数が経過したことで塗膜剥がれ、屋根材の割れが非常に目立ちます。アスベストが含まれていないかわらUは、ビニロン繊維等を代替にしていましたが耐久性に乏しく非常に割れやすい傾向にあります。白く見えている部分は屋根材の素地ですので、雨水を吸い込み劣化が進行し続けてしまいます。こうなってしまうと屋根材を使用することが出来ないため葺き替え工事が必要になってしまいます。しかしここでかわらUでカバー工法を行ったデメリットが発生してしまいます。葺き替える為には既存屋根材を剥がさなくてはなりませんが、2重になっているため単純に屋根材の撤去費が2倍になります。もちろんかわらUのみを剥がしスレートの上にカバー工法を行う事も出来ますが、野地板補修・補強を行いたい場合は全て剥がさなくてはなりませんのでご注意ください。

棟に刻印されているロット番号を確認

ロット番号の確認

アスベストが含まれているかどうかを判断するにはいくつか方法があります。まずは施工年数で、1990年8月以降に施工された場合はアスベストは含まれていません。中古物件やご実家などご自身で把握しきれない場合は、かわらUの棟に刻印されたロット番号を確認しましょう。Xの次の数字が西暦下1桁を表しているようです。今回の場合は1977年、1987年、1997年、2007年といったように施工年数を特定することが出来ます。分からない場合はロット番号を積水化学工業株式会社へ伝えてアスベストの含有率に関しての返答を待ってみましょう。1994年以降に販売されているかわらUは屋根材表面に網目模様がありますので見ただけでも判断が出来ます。

かわらUを塗装したい、メンテナンスをご検討中の方はまず一度屋根材の状態を見させてください。無料点検を行った上で最適なメンテナンス方法をご紹介させて頂きますので、お電話やメールでのお問い合わせをお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区亥鼻の屋根塗装前点検を例に、メンテナンスフリーをご希望のお客様へ最適な工事をご紹介

本日は千葉市中央区亥鼻で実施した屋根塗装前点検をご紹介いたします。今回のメンテナンスを機に屋根外壁共にメンテナンスサイクルを延ばしたいというご希望から、スレート屋根材に屋根塗装が適しているのか、葺き替えやカバー工法を行っておいた方が良いのか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 習志野市大久保の屋根点検にて瓦棒(トタン)が塗装出来るかどうかの判断方法をご紹介

習志野市大久保にお住まいのお客様から、「建坪40坪程度の住宅の屋根を今後葺き替えるべきかどうか?」とご相談をいただきました。まず先にお話ししておきたい事は、築20年程度経過しているお住まいでは屋根や外壁も経年劣化を起こし、雨漏りを起こしてし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市若葉区御成台にて屋根調査にあわせて鎧張りサイディングの外壁塗装前点検を実施

今回は当初屋根の経年劣化に不安を感じ現地調査にお伺いした、千葉市若葉区御成台のお住まいです。街の外壁塗装やさんでは無料点検時にお客様の気になる箇所はもちろん、お住まい全体の状態も確認させていただきます。屋根と外壁同時にメンテナンスを行った方… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に