千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市稲毛区にてモルタル外壁塗装の下塗りにフィラーをご提案、...

千葉市稲毛区にてモルタル外壁塗装の下塗りにフィラーをご提案、木部・防水の経年劣化も確認


千葉市稲毛区にて外壁塗装前点検にお伺いいたしました。前回塗装をされてから10年経過していないようですが、モルタルのクラックや木部の傷みが気になり点検を依頼されたとのことでした。お住まいは築年数が経過するにつれ、目に見えなかった蓄積された傷みが目立ち始めるようになります。すると前回メンテナンスよりも短い期間で補修が必要になった気がする…と思う方もいらっしゃると思います。しかし、ちょっとメンテナンス方法を変えるだけで改善できるものもあるかもしれませんので、今回はモルタル外壁の塗装ポイントと木部や細部のメンテナンス方法をご紹介したいと思います。

モルタル外壁の点検とメンテナンス方法のご提案

モルタル外壁点検
チョーキング現象

一度塗り替えを行ったことがあるモルタル外壁ですが、紫外線と風雨にさらされ続けることで徐々に色褪せや汚れの付着が見られるようになります。白の外壁は塗膜の劣化が感じにくい色ですが、うっかり寄りかかったりするとチョーキング現象に気づかずに服が白くなってしまった…といった事もあります。チョーキングは塗膜が既に保護性能を発揮できていない状態ですので、早めの塗り替えをお奨めしてります。

クラックの発生
パーフェクトフィラー

定期的なメンテナンスはされているようですので細く短いクラックがわずかに見られる程度でした。モルタル外壁はセメントと水と砂を混ぜて塗る素材ですので、クラックと呼ばれるヒビの発生を完全に防ぐということは出来ません。しかしクラックを埋め発生しにくくする方法はもちろんあります。

塗装で重要な作業は仕上げ塗料を綺麗に仕上げる為の「下塗り」です。塗る素材によって下塗りの種類は異なりますが、密着性を高めたり下地の吸い込みを抑制したりと下地の調整が大きな役割です。中でもモルタル外壁等に使用するフィラーは、小さなひび割れ・凸凹を埋めて平滑に仕上げる役割を持ちます。塗料は微弾性ですので建物の動きに追従しクラックが発生しにくい状態にすることが出来ます。

クラック補修下塗り
木部の腐食

クラックが発生しやすい素材を塗る時には、それほどひび割れが発生していなくともフィラーを使用しましょう。細かなヒビもしっかりと埋めてくれますので、滑らかな塗膜を形成し見栄えも段違いです。

 

木部は板金カバー工事で長期間メンテナンスフリーに

続いては木製の付帯部です。現在は樹脂製の建材を使用している事が多いのですが、従来は破風板や幕板等に木材が使用されることが多かったのです。塗膜で保護したとしても剥がれやすく頻繁な塗り替えが必要になってしまいます。塗り替えが面倒な方は、ガルバリウム鋼板での板金カバーを行いましょう。鼻隠しは雨樋を一度取り外す必要がありますが、20年近くメンテナンスの必要性が無くなりますので手間も今後の費用を考えてもメリットの多いメンテナンスです。雨戸は交換やシャッターへの取り替えも可能ですので、塗装を行う前にお気軽にご相談ください。

外壁塗装後に雨漏りを起こす可能性のある場所と補修のご提案

バルコニー手摺のシーリング材劣化

塗装をしっかりと行ったとしても他のメンテナンスを怠れば雨漏りを起こし、補修が必要になってしまいます。外壁と接触している他の建材とは隙間ができやすい為、雨水が入り込む恐れがあります。新築時に施工されているシーリング材も数年で硬くなり肉痩せ・亀裂を起こしてしまいますので、サッシ周りも含めて塗装時に打替え補修を行いましょう。

バルコニー点検
排水ドレンの劣化

バルコニーは真下が居室か軒天で仕上げられているかと思いますが、軒天も塗装時に塗り直していきます。バルコニーで雨漏りを起こすと、せっかく塗った軒天も張替えや塗り直しが必要になってしまいますし、室内に雨水が入り込む危険性もあります。防水層はもちろん排水ドレンの経年劣化・ゴミの詰まりも見られますので、防水補修もご提案させて頂きました。

外壁塗装と言っても外壁材だけで成り立っている訳ではありません。接触している箇所は外壁へ悪影響を及ぼすこともありますので、同時にメンテナンスを行っていくと良いでしょう。次回は屋根の状態と補修方法をご紹介したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に