千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 習志野市のアパートで屋根外壁塗装前点検、スレート屋根の毛細管...

習志野市のアパートで屋根外壁塗装前点検、スレート屋根の毛細管現象を防ぐ為にすべきこと


習志野市にあるアパートのオーナー様より、屋根外壁塗装工事のお見積り依頼を頂きました。一般住宅よりも大きな建物ですので施工費用は高くなってしまいますが、入居率の獲得や建物自体の耐久性を維持するためには必要不可欠なメンテナンスです。一度のメンテナンスでしばらく補修の必要がないと考えるのは当然のことですので、まずは前回補修の状態と経年劣化を確認し、最適な補修工事をご提案させて頂きました。

アパートのスレート屋根点検

習志野市のアパート
スレート屋根塗装前点検

今回はアパートのスレート屋根からご紹介いたします。屋根外壁共に色褪せもなく、前回補修からそれほど時間が経過していないと判断出来ますね。施工後数年で飛んでしまう艶もあり、屋根材の吸水を防いでいます。この状態であれば正直なところ、あと数年補修を行わずとも問題はないでしょう。もちろん塗膜が劣化する前に塗り替えを行っていくことで、スレートの劣化を防ぎ長期に渡って使用し続けることが可能ですので、定期的な塗り替えは大切です。

屋根材同士が接着しているスレート

縁切りがされていないスレート
全く隙間の無い状態

塗膜自体に問題はありませんが、スレートの重なり部分が接着している事が分かります。薄い形状のスレートだからこそ塗料によってくっついてしまうのですが、実は危険な状態です。雨水は屋根材表面で流しているものがほとんどですが、スレートの下部に入り込み防水紙で防いでいる雨水もあります。屋根材の下部に入り込んだ雨水はスレート同士の隙間から排水されるのですが、塗料で接着されていると雨水の出口が無くなってしまいます。すると雨水が内部で滞り【毛細管現象】が起き、防水紙から屋内へ雨水がじわじわと入り込んでしまいます。

毛細管現象を防ぐ為には?

縁切り施工

毛細管現象を起こさないようにするためには、屋根材の隙間をしっかりと開けることが必要です。塗装が既にされている場合は、カッターや皮スキで屋根材重なり部分の塗膜を切っていく必要があります。この作業を『縁切り』と呼びますが、塗装を行った屋根に上らなければいけませんので足跡や汚れが懸念されます。また屋根全体の縁切りを行わなければいけませんので、足場仮設は必要になるケースがほとんどです。その為、塗装メンテナンスの間にしっかりと作業を行っていくことが大切ですね。

タスペーサー設置
屋根塗装工事完了

現在は施工されている事がほとんどですが、塗装中にタスペーサーと呼ばれる縁切り部材を差し込むことで隙間をしっかりと作り、毛細管現象の発生を防ぎます。下塗り後に差し込むことで、仕上げ塗装後も全く目立たない仕上がりになります。薄い形状だからこそスレート屋根材には縁切り作業が必要になります。縁切りもタスペーサーも若干の費用がかかりますが、今後雨漏りを起こすことが無いようにしっかりと作業していきましょう。

雨漏りを起こしてしまった場合は?

雨漏りが発生
葺き替えやカバー工法で改善

毛細管現象により雨漏りを起こしてしまった場合は塗装で改善させることは出来ませんので、屋根カバー工法や葺き替え工事を行わなくてはならなくなり、施工費用も塗装より必要になってしまいます。

雨漏りを防ぐ為には、スレート屋根の経年劣化を防ぐ為の正しい塗装メンテナンスを行っていきましょう。今回はまだ雨漏りが起きていないようですので、タスペーサーの設置とシリコン系若しくはフッ素系塗料での塗り替えをご提案させて頂きました。強靭な塗膜により、更に劣化しにくい状態を維持することが出来ます。

屋根塗装のお見積り・施工依頼、塗料に関するご質問等がございましたら、お気軽に街の外壁塗装やさん千葉中央店へご相談ください。現在の状態から適切なメンテナンス方法をご提案させて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に