千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 船橋市にてバルコニーのシート防水にシワを確認、下地の経年劣化...

船橋市にてバルコニーのシート防水にシワを確認、下地の経年劣化から絶縁工法での補修をご提案


船橋市にあるALC造のバルコニー防水点検です。一般住宅のベランダやバルコニーからの雨漏りを防ぐ為に、ウレタン塗膜防水やFRP防水、シート防水が用いられますが、施工面積・構造等により施工方法は異なります。シート防水は建物の動きに対して適応性が高い為、S(鉄骨)造でALCパネルを使用しているビルやお住まいに使用されています。シート防水は30年超の歴史もあり信頼の高い施工方法ですがもちろんメンテナンスは必要ですので、経年劣化の症状と補修方法をご紹介していきたいと思います。

シート防水に見られる経年劣化と補修方法

船橋市でシート防水点検
立ち上がりにシート防水のしわ

こちらのお住まいでは人工芝を敷きガーデニングを楽しまれていました。シート防水は防水層が露出している状態ですので、歩行時や鳥のついばみで破れてしまうことがあります。マットやタイルは表面を保護することが出来ますので、シート防水には効果的でしょう。それでもいずれはシワや撓みから防水性能を損なってしまうため、15年前後で補修が必要になります。

シート防水の破れ
シート防水の応急措置

防水層がシートですので立ち上がりやコーナー部分に何枚も貼りあわせて施工されていますが、このように破れてしまうと雨漏りを起こしてしまいます。違う現場での補修の様子です。破れた部分をコーキング材や防水テープで応急措置をすることは可能ですが、一時的な措置に過ぎません。シートは風の影響も受けやすい為、破れた部分から捲れて更に状況を悪化させてしまいますので、既存シートを剥がしてから全体的な改修を行って雨漏りを防いでいきましょう。下地に傷みが見られる場合は、新たな防水層を形成しても膨れやしわを起こしやすくなってしまいます。今回は、下地の劣化に影響されない「絶縁工法」による補修をご提案させて頂きました。

絶縁工法とは?

絶縁工法によるウレタン防水工事

絶縁工法とは、防水工事で下地と新たに形成する防水層を密着させない施工方法を指します。完全に密着させてしまうと下地が水分を含んでいた場合に、蒸発した水蒸気が抜けられず、防水層に膨れを起こしてしまいます。雨漏りを起こしていた場合や築年数が経過していた場合に起こりやすい現象ですので、そういった際に絶縁工法をご提案させて頂きます。下地に防水層を密着させないために、絶縁シートや通気緩衝シートと呼ばれるシートを敷いてから防水層を形成していきます。ウレタン塗膜防水は複雑な形状にも対応でき、繋ぎ目のない防水層を形成することが出来ますので、見た目も防水性能にも期待が持てます。

絶縁工法は下地の影響を受けにくい為、長期に渡って雨漏りを防ぎます

シート防水の絶縁シート
塩ビシート貼り付け,伝導加熱

シート防水での改修にも絶縁工法(機械的固定工法)を用いることが出来ます。この場合も通気用シートを敷きこみ、ディスクを取り付けます。塩化ビニルシートをその上に張り、捲れないようにディスク部分を加熱させて接着させます。張り重ねたシートを接着剤でしっかりと留めることで雨水の浸入をさせない防水層を形成することが出来ます。絶縁工法は下地間に1層設けて施工しますので、下地の傷みや不陸に影響されない(下地調整を充分に行う必要がない)というのもメリットに挙げられます。通気層に溜まった水蒸気は雨水を浸入させない脱気筒から抜けますので、膨れを起こす心配もありません。

築年数が経過し下地の劣化が見られる場合、雨漏りを起こしているお住まいは密着工法よりも絶縁工法が適しています。施工方法や費用に関するご質問がございましたらお気軽に街の外壁塗装やさん千葉中央店へお電話ください。無料点検でお住まいの状態を確認した上で、最適なメンテナンス方法をご提案させて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区千種町のシート防水点検を例に雨漏りの原因とメンテナンス方法をご紹介

寒冷前線の影響から本日関東地方には大雨警報が発表されています。このような日に多いのが雨漏りに関するご相談です。そこで今回は千葉市花見川区千種町の防水点検を例に雨漏りを起こしかねない状態、雨漏りを起こさないようなメンテナンス方法をご紹介したい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区作新台の築30年経過したお住まいにて外壁塗装を行う際のチェックポイントをご紹介

千葉市花見川区作新台にて外壁塗装前点検を承りました。築30年を経過し屋根からの雨漏りも発生しているという事で、屋根リフォームに合わせて外壁塗装もご検討されているようです。住宅は定期的なメンテナンスを心がけていても、どうしても少しずつダメージ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事で改善、笠木シーリング補修も実施

本日は前回ブログでご紹介した千葉市中央区中央にあるビルの雨漏り補修の様子をご紹介したいと思います。ビルやマンション等に多く採用されるフラットな陸屋根(ろくやね・りくやね)は屋上庭園や洗濯物干しスペースとしても利用できる反面、傾斜がほとんどな… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に