千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 習志野市にてウレタン塗膜防水工事をご提案、密着工法と通気緩衝...

習志野市にてウレタン塗膜防水工事をご提案、密着工法と通気緩衝(絶縁)工法の違いは?


以前ご相談を頂きましたアスファルト防水からの雨漏りでお悩みのお客様へ、ウレタン塗膜防水での補修工事をご提案させて頂きました。ウレタン樹脂の塗膜を防水層として形成しますので塗るだけで防水性能はありますが、下地が雨水を吸水し傷みが見られるため形成した塗膜が剥がれや膨れを起こす可能性があります。そこで今回は塗膜の膨れを起こさせないように、絶縁工法や通気緩衝工法と呼ばれる施工方法をご紹介したいと思います。

ウレタン塗膜防水工事

防水工事前のアスファルト防水
高圧洗浄

既存はアスファルト防水施工後に、保護層として押えコンクリート仕上げになっています。既存のコンクリートの劣化が酷く、亀裂・欠損・隆起が著しい場合はコンクリート自体を剥がす必要があります。防水層まで撤去した場合は補修にどのような防水工法でも使用することが出来ます。今回の様にクラック程度でしたらそのまま下地として利用することが出来ますので、まず高圧洗浄でコンクリート表面を綺麗に整えていきます。

目地補修工事
樹脂モルタルで下地調整

伸縮目地は経年劣化によって剥がれや反りを起こし、新たな防水層を突き破る恐れがありますので、必ず打替え補修を行います。既存の目地材は全て綺麗に取り除き、新たに隙間なく塞ぎ直していきます。目地材が硬化してから下地調整として、樹脂モルタルを均一に塗っていきます。大きなクラックはコーキング材を充填していますが、細かなクラックは樹脂モルタルで埋めていきます。

改修用ドレンで補修
通気緩衝シート

排水ドレンは錆びて腐食している可能性が高くなるため、補修時には改修用ドレンを入れて既存ドレンをカバーします。僅かな段差でもあれば雨水を滞らせてしまいますので、下地にピッタリと密着させてメッシュシートやコーキング材で雨水浸入を防ぎます。ここまでは密着工法でも一緒です。密着工法はこの後にウレタン樹脂を塗装していきますが、通気緩衝工法(絶縁工法)は塗膜を下地に密着させないように、無数の穴が開いたシートを貼ります。シート間はメッシュテープで捲れを起こさないようにしっかりと貼りあわせます。このシートの上にウレタン樹脂を塗布していきますが、シートによって出来たわずかな隙間に下地から蒸発した水蒸気が溜めることで、塗膜の膨れや剥がれを防ぐことが出来ます。

脱気筒の設置

溜まった水蒸気は脱気筒を通して逃がします。通気緩衝工法はシートと通気装置をセットにして施工することで、下地の劣化に影響されることなく防水層を形成することが出来ます。脱気盤や脱気筒は面積に応じて取り付けていきますが、特殊な構造ですので水蒸気を排出しますが雨水が入る事はありません。密着工法と異なるのはこの2つの工程です。手間も費用も掛かりますが雨漏りを起こしている場合、築年数が経過し下地の傷みが見られる場合は通気緩衝工法で新たな塗膜の劣化を防ぎましょう。

ウレタン防水工事
ウレタン塗膜防水完了

あとは密着工法と同じく立ち上がりからウレタン樹脂を塗布していきます。防水性能が発揮できる厚みになるまで塗り重ね、均一に仕上げていきます。ウレタン樹脂は太陽光により劣化してしまいますので、トップコートで表面保護をし工事は完了になります。施工方法を決めるには既存防水層の状態をしっかりと判断させて頂く必要がありますので、ベランダやバルコニー、屋上等の防水が気になる方はお気軽に街の外壁塗装やさん千葉中央店へご相談ください。無料点検にて状態確認をし最適なメンテナンスをご提案させて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区千種町のシート防水点検を例に雨漏りの原因とメンテナンス方法をご紹介

寒冷前線の影響から本日関東地方には大雨警報が発表されています。このような日に多いのが雨漏りに関するご相談です。そこで今回は千葉市花見川区千種町の防水点検を例に雨漏りを起こしかねない状態、雨漏りを起こさないようなメンテナンス方法をご紹介したい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区作新台の築30年経過したお住まいにて外壁塗装を行う際のチェックポイントをご紹介

千葉市花見川区作新台にて外壁塗装前点検を承りました。築30年を経過し屋根からの雨漏りも発生しているという事で、屋根リフォームに合わせて外壁塗装もご検討されているようです。住宅は定期的なメンテナンスを心がけていても、どうしても少しずつダメージ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事で改善、笠木シーリング補修も実施

本日は前回ブログでご紹介した千葉市中央区中央にあるビルの雨漏り補修の様子をご紹介したいと思います。ビルやマンション等に多く採用されるフラットな陸屋根(ろくやね・りくやね)は屋上庭園や洗濯物干しスペースとしても利用できる反面、傾斜がほとんどな… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に