千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市中央区にて住宅塗装前点検、付帯部とツートンの配色次第で...

千葉市中央区にて住宅塗装前点検、付帯部とツートンの配色次第で違う印象をカラーシミュレーションで紹介


千葉市中央区にて屋根外壁塗装前点検に伺いました、築20年のお住まいです。10年程前に一度外壁塗装工事を行ったようですが、なんとご主人が施工されたようです!しかし今回は屋根も塗装しなければならない時期で、ご自身で作業されるのは大変危険なためお見積り依頼を頂きました。

10年ほど前にご主人が塗り替えを行ったサイディング外壁

築20年の屋根外壁塗装前点検
目地シーリング材の劣化

一度外壁塗装をされたサイディング外壁です。色褪せと汚れの付着は見られますが、色ムラ等がありませんので丁寧に塗り替えられたことが分かります。目地のコーキング材もわずかなひび割れがある程度ですので、前回工事で一度打替えをされたようですね。新築時に使用されているコーキング材の多くは、5年程度から劣化し始めひび割れが顕著に見られますので定期的に施工し直す必要があります。ご自身で塗り替えをされているお住まいを見る機会はありますが、目地補修までされているお住まいはそれほど多くありません。しっかり調べたうえで適切な補修がされていたようですね。

築20年塗り替えをしていないスレート屋根

スレート屋根の苔
塗膜劣化による苔や藻の付着

続いては新築時から塗り替えを行っていないスレート屋根です。塗膜が劣化したことにより苔や藻・カビの付着により、元々は黒色系のスレートがオレンジ色に変色してしまっています。苔自体には見栄えが悪くなるだけで大きな問題はありませんが、屋根材が雨水を吸い込んでいるサインを出しています。苔がある事により水捌けを悪くし状態を悪くしていますので、屋根に付着した苔や汚れをしっかりと洗い流し、屋根材表面に塗膜保護をしていきましょう。築20年を経過していると、スレート屋根材の割れが著しいお住まいや雨漏りを起こしてしまうケースもありますが、状態によって塗装メンテナンスは不可能ではありませんのでお気軽にご相談ください。

差し棟の浮き

鉄部はスレート屋根材とは違い、雨水を吸い込むこともない為耐久性には優れています。しかし経年劣化により錆びたり、固定している釘が抜けたりすると飛散や破損を招く恐れがあります。こちらのお住まいではスレートのコーナー部分毎に取り付ける「差し棟」板金が採用されていました。大棟の包み棟とは違い独立した板金でコーナーを覆っている為、風の影響も受けにくく破損しにくく仕上がります。現在まで棟板金の飛散等によるトラブルが起こらなかったのも、差し棟のお陰でしょう。ただ板金間に継ぎ目が出来てしまうと、雨水が吹き込み下地を傷めてしまう恐れがありますので、コーキング材で補修していきましょう。

続いては塗装メンテナンスで最も気になる仕上がりを、カラーシミュレーションで作成したためご紹介致します。

カラーシミュレーション

カラーシミュレーション,クリーム
カラーシミュレーション,付帯部黒

付帯部の色とツートンの配色で住宅の印象が大きく変わります

まずは和洋を問わず綺麗に仕上がるクリーム系での塗り替えでのご紹介です。屋根外壁の色は変えていませんが、雨樋や幕板の付帯部を白と黒で作成しています。白色は柔らかな印象と住宅を大きく見せる効果があります。大して黒色はメリハリをつけて引き締まった印象に仕上げます。色を変えられないサッシ色に合わせると間違いはありませんが、外壁色にダークトーンを使用する際には付帯部を白色という様に、全体の印象を比較して決めていきましょう。

カラーシミュレーション,ツートン
カラーシミュレーション,ツートン上階

こちらは幕板で区切り上下段でのツートンです。ダークトーンを下階に使用するとどっしりとした印象になり、重厚感が感じられますよね?全体的なバランスがとりやすい為、下階にダークトーンを用いるお住まいが多いですね。対して配色を逆にするとメインが明るい印象ですので、ダークトーンがアクセントになりますね。もちろん幕板のある高さはお住まいによって異なりますので、一度カラーシミュレーションで配色を確認してみましょう。下屋も見えるお住まいですので、屋根色でアクセントにしても良いかもしれませんね。今まで1色仕上がりで飽きを感じていた方、2色を使用していても代わり映えがなかったお住まいに塗り替えはイメージチェンジの絶好のタイミングでしょう。しかし急に塗り替えるのは不安でいっぱいになるかと思いますので、ぜひカラーシミュレーションで検討してみましょう。街の外壁塗装やさんでは工事をするしないにかかわらずカラーシミュレーションを作成させて頂いております。この色が気になる、そろそろメンテナンス時期の方はぜひお気軽にご相談ください、お待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に