千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 船橋市で築28年のスレート屋根塗装、下塗り2回とファインシリ...

船橋市で築28年のスレート屋根塗装、下塗り2回とファインシリコンベストによる強固な塗膜で屋根を守る


船橋市にて屋根塗装点検を承りました、築28年のお住まいです。今まで簡易補修は行ってこなかったようですが、なるべく安価にメンテナンスを行いたいとのご希望でしたので、状況を確認してから適切なメンテナンスをご提案させて頂きました。

築年数が経過したスレート屋根材の塗装前点検

船橋市築28年のお住まい
苔の付着と補修跡

スレート屋根はセメントと繊維質で出来ていますので、雨水を吸い込み続けると傷んでしまいます。新築時から塗膜で表面保護をしていますが、太陽光や雨水に晒され続けることで徐々に劣化しますので、定期的な塗り替えが必要になります。塗り替えを行わないと新築時の色は褪せ、苔や藻が付着することで陽の当たる場所はオレンジ色に、北側などでは緑色に見えるようになります。

今までは特に雨漏りを起こさず隙間のコーキング補修を行っていたようですが、そろそろメンテナンスをしなければいけないと考えられていたようです。コーキング材も随分前に施工されたようで、肉痩せや剥がれを起こしているところが多数ありました。ちなみに隙間を埋めることが悪い事ではありませんが、屋根材には設けなければならない隙間が存在しますので、全部を塞げば雨漏りが防げる!という訳ではありません。かえって雨漏りを引き起こしてしまうケースもありますので、屋根の特徴に精通している専門業者に任せましょう。

下屋のスレート屋根材
スレート屋根材の欠損

屋根は築〇年以上で雨漏りを起こすと決まっている訳ではありません。10年で雨漏りを起こすお住まいがあれば、20年を経過しても問題ないというお住まいももちろんあります。もちろん築年数が経過するほどにリスクは高まりますが、屋根材や立地が強く関係しています。28年前のスレートには石綿(アスベスト)が含まれていることが多く耐久性に優れています。部分的に屋根材の割れていましたが、すぐに雨漏りを起こすわけではありませんので補修をすれば問題ありません。

棟板金と谷板金は補修の難易度が違います

棟板金の状況
谷板金の錆

錆が発生すると耐久性が著しく低下してしまう棟板金や谷板金ですが、幸いにも問題はありませんでした。棟板金にはズレと浮きが見られましたが、屋根塗装のタイミングで取替えれば大丈夫です。谷板金は棟板金の様に簡単には補修できません。屋根材の下に板金を取り付けていますので、谷付近のスレートを剥がしてから交換をしなければならず、傷んだスレートは恐らく大半が割れてしまうでしょう。部材が傷む前にメンテナンスを行う事が、最も補修費用を安価にするための方法です。

塗装前のスレート屋根材の状態とメンテナンスのご提案

高圧洗浄後の傷んだ屋根材

恐らく高圧洗浄で苔等を洗い落とした後は、このように塗膜が一切ない素地が表れるでしょう。屋根塗装は傷んだ屋根を回復させるためではなく、これ以上傷めないように屋根材の補強・保護するためのメンテナンスです。通常の3回塗りでは下地の吸い込み止めや強度に不安が残る為、今回は下塗りの2回塗りで下地をしっかりと整える補修をご提案致しました。高耐候・耐UV性のファインシリコンベストで塗膜で保護をすればスレート屋根材の劣化を食い止めることが出来るでしょう。屋根塗装をしたからと言って雨漏りを起こさないわけではありませんが、防水紙を保護する屋根材の劣化を防ぐことが非常に重要です。屋根材が傷んでいない状態での補修と傷んだ状態への補修の寿命も異なりますので、出来る限り屋根材が傷む前にメンテナンスを心がけましょう。屋根メンテナンス、お勧めの塗料や施工方法、費用などのご質問等はお気軽に街の外壁塗装やさん千葉中央店へご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市中央区亥鼻の屋根塗装前点検を例に、メンテナンスフリーをご希望のお客様へ最適な工事をご紹介

本日は千葉市中央区亥鼻で実施した屋根塗装前点検をご紹介いたします。今回のメンテナンスを機に屋根外壁共にメンテナンスサイクルを延ばしたいというご希望から、スレート屋根材に屋根塗装が適しているのか、葺き替えやカバー工法を行っておいた方が良いのか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 習志野市大久保の屋根点検にて瓦棒(トタン)が塗装出来るかどうかの判断方法をご紹介

習志野市大久保にお住まいのお客様から、「建坪40坪程度の住宅の屋根を今後葺き替えるべきかどうか?」とご相談をいただきました。まず先にお話ししておきたい事は、築20年程度経過しているお住まいでは屋根や外壁も経年劣化を起こし、雨漏りを起こしてし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市若葉区御成台にて屋根調査にあわせて鎧張りサイディングの外壁塗装前点検を実施

今回は当初屋根の経年劣化に不安を感じ現地調査にお伺いした、千葉市若葉区御成台のお住まいです。街の外壁塗装やさんでは無料点検時にお客様の気になる箇所はもちろん、お住まい全体の状態も確認させていただきます。屋根と外壁同時にメンテナンスを行った方… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に