千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 船橋市でALC外壁からの雨漏りを調査、軽量気泡コンクリートの...

船橋市でALC外壁からの雨漏りを調査、軽量気泡コンクリートの外壁塗装と目地補修の重要性を紹介


先日の投稿に引き続き船橋市の住宅点検です。雨漏りを起こしている場合は屋根外壁塗装工事を行う前に必ず場所を特定しなければなりません。塗装をすれば直るだろう、屋根工事をすれば大丈夫!と安易に考えているとメンテナンス後に二次被害を引き起こしてしまう可能性が一気に高まります。そこで今回は、外壁の経年劣化と雨漏りを起こしている可能性のある部位、そして雨漏りを放置した場合の二次被害についてご紹介したいと思います。

ALC外壁材の目地補修と外壁塗装の必要性

船橋市のALC外壁
チョーキングの発生

ALC(パワーボード)で建てられた築28年のお住まいで、10年程前に外壁塗装をされたようです。30年近く経過していますが、経年劣化を感じさせないほどの重厚感は流石の軽量気泡コンクリートです。耐久性・耐火性・遮音性等、多数のメリットがあるALC(パワーボード)ですが、その性能を維持するためには外壁に雨水を吸い込ませないように、目地補修と塗膜保護が非常に重要となります。これはALC外壁に限った事ではありませんが、無数の気泡と細孔があることで毛細管現象により水が浸透しやすい傾向にあります。吸水をしやすい代わりに乾燥しやすいメリットがありますが、吸水・乾燥を繰り返すことでひび割れを起こしてしまいます。

 

塗装メンテナンスはおよそ10年前後で行っていく必要がありますが、立地や塗料のグレードに塗膜劣化までの年数は多少前後します。壁を触り白い粉が付く場合はチョーキング現象を起こしていますので、既に塗膜が保護出来るような状態ではありません。

目地シール材の劣化
塗膜の劣化

パネルの継目にコーキング材で施工されている目地です。ALC外壁材は窯業系サイディングよりも厚みがある為、必然的に目地の施工箇所が増えます。コーキング材は紫外線・気温・雨水に晒され続けることでひび割れ・破断・剥がれを起こし、雨水が入り込む恐れがあります。

目地部分にヒビが入るという事は、表面の塗膜にもヒビを入れて剥がれを起こす為、目地の劣化は塗膜の劣化に直結してしまう事があります。

ベランダからの雨漏りと勘違いしやすい目地
外壁塗装をした場合に必要な物置の移動

目地のひび割れが雨漏りを起こす恐れもある為、バルコニー等の防水が経年劣化していると思い補修を行ったところ、実は外壁が原因だったということも起こりえます。外壁から雨漏りを起こしていると、防水工事を行っても雨水が入り込み膨れを起こしてしまいます。せっかくの防水工事が無駄になってしまいます。

 

外壁塗装を行う前の準備とチェックしておきたい施工箇所

ALCの外壁塗装工事を行う際には物置等を移動させて全体を塗膜保護した方が良いでしょう。というのも、先ほども説明したとおりALCは毛細管現象で雨水を吸い込みやすい性質を持ちます。どこからかが雨水が入り込むと塗膜の膨れを起こしやすい為、移動できるものは極力移動させてメンテナンスを行いましょう。

ウッドデッキの塗装

樹脂製デッキではなく木製デッキを使用している場合は、雨水で傷むと木材の割れやささくれ等による怪我や白蟻を呼び込む原因になります。塗装工事を行う際にプランターなども移動させる必要がありますので、この際に塗膜保護を行いましょう。

デッキは外部ですので見てすぐに分かりますが、木造住宅で雨漏りを起こしても構造が濡れ耐久性・白蟻の危険性が高まります。ちなみに鉄骨造の場合も構造の錆、鉄部の膨張・収縮により外壁材が爆裂を起こしてしまいます。雨漏りはどのような造りであっても構造に支障をきたしてしまいますので、最優先に補修すべき事項です。見た目を綺麗にする前に、まず住宅の構造を守れるようにメンテナンスを検討していきましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に