千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 船橋市の外壁塗装工事に伴いシーリング材で目地を補修し雨水浸入...

船橋市の外壁塗装工事に伴いシーリング材で目地を補修し雨水浸入を防止


船橋市で初めての外壁塗装工事を実施したお住まいです。

サイディング外壁には目地があり、シーリング材での補修が必要なことは恐らく多くの方がご存知かと思います。

しかし実は、住宅には他にもたくさんの継ぎ目があり、雨水を浸入させるリスクを抱えています。

そこで今回はシーリングの役割、成分と種類、補修箇所をご紹介いたします。

お住まいを雨水から守るシーリング材

目地シーリングの黒ずみ
継ぎ目の隙間

築年数が経過してくると汚れや苔・カビの付着により、徐々に見栄えが悪くなってしまいます。

サイディングの目地も美観を損ねる原因です。

シーリング材は主成分・硬化剤・可塑剤・充填剤・着色剤などで構成され、主成分(シリコンやポリウレタン等)によって種類、施工箇所が変わります。

(外壁の目地など、塗装を行う箇所に関しては変性シリコンやウレタン系のシーリング材を使用します。)

シーリング材から可塑剤が染み出すことで埃や汚れを付着させ、黒ずむ事で目地部分だけ目立ってしまいます。このブリード現象と呼ばれる黒ずみは、目地だけでなく外壁材にまで染み込んで拡大させてしまいます。

 

シーリング材の柔軟性を高める可塑剤ですが、紫外線には弱く、数年で気化し劣化します。

するとシーリング材は硬化しひび割れ、あちこちに隙間が出来てしまいます。

目地シーリング材の撤去
目地補修工事

シーリング補修は塗装ではなく、防水工事です。パネル間の継ぎ目を埋め、雨水が浸入させないように維持することがシーリング材の役割です。

その為、劣化したシーリング材はこまめに撤去、再施工を行っていく必要があります。

既存目地を取り除き、プライマーを塗り充填しなおす「打ち替え」と、既存シーリングの上に打設する「増し打ち」がありますが、施工箇所と現状の劣化を判断し、補修のご提案をさせて頂きます。

破風板のシーリング補修
破風板の塗装

シーリング補修が必要な箇所は、外壁の目地とサッシ周りだけではありません。

破風板や鼻隠しにも継ぎ目があり、シーリング材が傷むと雨が吹き込み内部を腐食させる恐れがあります。

普段気にかけていない箇所だからこそ、塗装工事の際にはシーリング補修をしっかりと行いましょう。

目地補修後の外壁塗装

シーリング材と塗装工事をバラバラに行っても問題はありません。

しかしシーリング補修にも足場が必要になること、目地部分の綺麗さ・色違いが目立ってしまいますので、目地補修と塗装は同時に行う事をお勧めしています。

塗装を行う事で、シーリング材の表面保護と同色に出来、仕上がりが綺麗になります。

塗料のグレードに合わせ高耐久のシーリング材を使用することで、メンテナンスサイクルを合わせることも可能です。

屋根の補修にもシーリング材が使用されています

棟板金の継ぎ目補修
ビス穴をコーキング補修

シーリング材は雨水浸入防止の為に、スレート屋根材の割れ補修・棟板金の継ぎ目補修・ビス穴塞ぎ・瓦であればズレ防止・雨漏りの応急措置等、屋根の様メンテナンスにも重宝されています。

このように至る所でお住まいを守るシーリング材の役割と重要性はお分かりいただけましたか?

普段は気にされていない事ですが、住宅の寿命を維持するためにも、しっかりとシーリング補修を行っていきましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に