千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉中央店へ。

街の外壁塗装やさん千葉中央店

〒261-8501

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階

TEL:0120-990-355

FAX:0438-38-3310

お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-990-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 外壁より傷みの早い木部に塗装の剥がれを発見|千葉市花見川区

外壁より傷みの早い木部に塗装の剥がれを発見|千葉市花見川区


木材は呼吸しています

千葉市花見川区のお客様より「外壁の塗装に剥がれが出てきたので点検してほしい」とお問合せをいただき、調査を行いました。お客様にご案内していただくと、塗装の剥がれの内容は木部塗装の剥がれの事でした。天然の木を加工している木材はしっかり塗装で保護しないと紫外線や雨水、塵や埃などの影響を受け、数年で腐食などの劣化症状が表れます。木部の下地が露出している部分は特に保護機能を失っているので、雨水などの水分を含みやすくなり、腐食して雨漏りの原因に繋がります。その為、木部には防腐機能や防カビ機能を備えた専用の塗料で保護する必要があるのですが、耐用年数約10年の外壁材と違い木部の耐用年数は3~5年と言われています。原因としては、木部は外壁以上に収縮と膨張を繰り返し行われている事が挙げられます。私たちが呼吸しているのと同じイメージです。その為、塗膜のひび割れや剥がれの傷みの進行が早く出てくるのです。

窓枠木部にも剥がれ

調査を進めると窓枠に使われている木部の塗装も剥がれていました。建物にある木部の殆どがこのような状態ですので早期に塗装して保護する必要があります。外壁のモルタルは手で触るとチョーキング現象が発生しています。塗装が太陽光や紫外線などの影響により劣化してくると粉状になってくるのですが、手で触ると粉状のものが付着し、チョークの粉に似ている事からチョーキング現象と呼ばれています。外壁自体の傷みはチョーキング現象の発生のみで、クラックなどの目立った傷みは見られませんでしたが、塗り替え時期のサインでもあり木部の状態を考慮し、お客様には外壁塗装のご提案をしました。

外壁の事で何かお困りのお客様は街の外壁塗装やさんにご相談ください。調査・お見積もりは無料で行っています。フリーダイアル0120-948-355にてお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八千代市ゆりのき台の住宅を例にALC・パワーボードの塗装の必要性とお奨めの塗料をご紹介

八千代市ゆりのき台にて屋根外壁点検を承りました。経年劣化の状態次第では塗装メンテナンスをご希望されていますが、お客様の適切なメンテナンス等に関わらず塗装が出来ない屋根材というのも存在します。また高耐久ながら塗装が欠かせない外壁材も存在します… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の屋根点検で築年数が経過しているスレート屋根を塗装すべきか判断する難しさをご紹介

本日は昨日のブログに引き続き船橋市市場のお住まいでの屋根点検をご紹介します。築19年経過していると屋根塗装で良いのか、屋根カバー工法や葺き替え工事を行っておいた方が良いのかの判断は非常に難しくなります。そこでスレート屋根材の経年劣化を見たう… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市市場の外壁塗装前点検を例にクリアー塗装が出来るかどうかの判断方法をご紹介

今回は船橋市市場で実施した外壁塗装前点検を例に、窯業系サイディングの高い意匠性を維持したまま塗装メンテナンスが出来るケース・出来ないケースをご紹介したいと思います。現在建てられているお住まいの多くはセメント質と繊維質で出来た窯業系サイディン… 続きを読む
千葉市全域、船橋市、習志野市、四街道市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-990-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉中央店に